タダ働きすればいいやん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【タダ働きすればいいやん】

・今、満足いくほど仕事が入ってない
・何か全く別分野の仕事にチャレンジしたい
と思っている方向けの内容です。

この方法を使えば短期間で
成長することもできるし、
仕事も入ってくるようになります。

で、その方法はタイトルの通りなのですが、

「タダ働き」

です。
(もしくは圧倒的低価格)

しかも、
自分からタダでやらせて下さい
と立候補してタダ働きするのです。

なぜこんな話をするかと言うと、
自分自身がこのタダ働きで
キャリアを作って来たからです。

そして、合理的な方法だと感じるからです。

僕の場合は、
約3年半くらい前、副業を始めたばかりの頃に
たまたま手伝うことになった
セミナーの受付から
今の全ての仕事の原点となる
出会いがありました。

このセミナーで出会った
2名の方をきっかけに僕は
数珠つなぎでご紹介などで
仕事を獲得していき今に至ります。

もちろん、この受付の仕事はボランティア。

さらにここで繋がった方も1名は
最初はボランティア的に関わり、
その後報酬をいただくように。

そして、このセミナーを
主催していた会社さんとも
ほぼボランティアのように
いくつか仕事を手伝っていました。

で、この経験を踏まえて分かったことは、
最初はタダでも一緒に仕事をし、
相手が認めてくれさえすれば
お金を払ってもらえるようになることです。

それにご紹介もいただけたりします。

しかし、周りを見渡すと
タダで働けば何かしらメリットは
あると分かっているはずなのに
ほとんどの人がこれをやりません。

最初から自分の商品を売ろうとします。

売れるならそれで全然いいのですが、
売れずに仕事の余裕がありすぎるとか、
むしろ仕事が0になるなら、
絶対にタダでもいいから仕事をした方がいいです。

一人で頑張ってても仕事は入ってこないし
経験も積めませんからね。

それに仕事しててもしてなくても
時間だけは平等に過ぎ去っていきますし。

自分がちょっと身銭を切るだけで
圧倒的なメリットを教授できるわけです。

なんと素晴らしい方法でしょう。

もし、僕が今全くの0から
起業することになったら、
間違いなくタダ働きからスタートします。
(有料の仕事が獲得できるなら別ですが、)

とまあ、こんなこと言っても
やらない人ばかりなのは
これまでの経験上知ってます。

もし、この話を信じれる人がいたら
ぜひやってみてください。

P.S.
ちなみにですが、依頼する側は
「タダで働いてよ!」
なんて言うのは言語同断です。

立候補された時だけ
タダで働いてもらうようにしましょう。

P.S.2
無料メルマガ発行中

自分の使いこなし方、物事の捉え方
役に立ちそうな記事のシェア
マーケティング、プロモーションの話など
不定期でメルマガも発行してます。

自分で言うのもあれですが、結構面白いとも評判ですw

登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*