オリジナリティを発揮できない人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、山本です。
結論から言います。

オリジナリティを発揮できる人と
発揮できない人の違いは

「隠すものがあるかないか」

です。

隠すものがない人は自分のキャラクター全開で
生きることができますし、
怖いものもないので、
オリジナリティを発揮できます。

逆に何かを隠して生きている人は
オリジナリティを発揮することができません。

ちなみに「隠すもの」というのは、
自分にとって後ろめたい過去の経験や
出したら嫌われると思っている自分の性質です。

具体的には
・実績を盛ってしまっている
・実は極貧生活なのにSNS上ではリア充を振舞っている
・自分の経歴に嘘をついている
・離婚歴があるのに隠している
・できないのにできるふりをしている
・本当は真面目なのにアホキャラを演じてしまっている
・表面的にはクソ真面目だけど実はめっちゃエロい
・見た目はおしとやかなのに、口がめちゃくちゃ悪い
などです。

仮にこういうことがあっても
堂々としていられるならいいかもしれません。

だけど、多くの場合、
後ろめたく感じるものがあると、
人はそこに触れられたくないので
防御反応をしてしまいます。

例えば、、、
・そのテーマになった時に話をそらそうとする
・話のつじつまが合わなくなる
・自分の話になる前に他人を攻撃する
・人の話を聞かずに一方的に話す
などの現象が起きます。

簡単に言うと、
嘘をついている人の反応です。

で、嘘をついている対象は
表面的には他人なのですが、
実は誰よりも自分を裏切ってしまっています。

そして、自分裏切ることで
自分を信頼できなくなり、
さらに防御反応を強化していってしまいます。

すると、どんどん自分の本性を
隠す力が強くなり、
オリジナリティが封印されていきます。

だから、表面的にはいい人に見えても
その人は自分らしさを失ったいい人、
極端に言い換えると、
「社会や相手に従属する都合のいい人間」
になってしまっている可能性が高いです。

こういったことに心当たりありませんか?

ちなみに僕はめちゃくちゃあります(笑)

今はだいぶマシですが、
過去の自分は今では考えられないくらい
自分の本性を隠しまくってました。

学生時代はキャラクターの特徴が
なさすぎることから「白」という
ニックネームをつけられたこともありましたww

まだ、隠していることはありますが、
相当オープンになってます。

まだやってないことがあるとすれば、
公衆の面前で堂々と下ネタを言ったり
性癖を暴露することくらいですかね(笑)

と、僕のどうでもいい話は置いといて
隠すことがあって自分の
オリジナリティを発揮できない人は
何をすればいいのでしょうか?

答えはシンプルです。

隠しているものを隠さなくても平気な
マインドセットを持つこと。

で、これの実践方法ですがこれまたシンプル。

自分が隠してしまっていることを
公にさらけ出すこと。

ビビる気持ちは分かります。

多少、人間関係は変わるかもしれませんし、
一部の人が離れる可能性は大いにあります。

カミングアウトする内容によっては
罵倒される可能性もあるでしょう

((((;゚Д゚))))))) :(;゙゚’ω゚’):((((;゚Д゚)))))))
(←こんな心境になることでしょうw)

しかし、何かを隠しながら生きるよりも
自分の本心で生きる方が楽だし
きっと楽しい未来が待ってますよね。

荒療治ですが、僕が今感じている解決策は
カミングアウトのみ。

ものすごい心理ブロックが働きますが、
やる価値はとても高いと思います。

では、最後に一言。

「隠すことがないやつが最強である」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【無料テキスト配付中】アイデア実現の参考書

やりたいことはあるけれど、何から手をつけていいか分からないという方のための思考整理術とアイデアを具体化する方法をまとめました。

アイデアを形にできない理由

アイデアを形にするための9か条

アイデアを形にする基本の流れと質問事例集

自分を知って成果の質を高める方法

などを解説しています。


無料テキストを受け取る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*