思い描いていた成功を手に入れたはずだったのに僕が疲れ果ててしまったまさかの理由その1

少しだけ個⼈的な話をさせて下さい。

ここ2年間くらいの僕のことを知ってくださっている⽅は僕のことを「なんとなくうまくいってる⼈」と捉えてくださっているかもしれません。

実際、ありがたいことにたくさんの魅⼒的な⽅々と関わらせていただきながら順調にビジネスを成⻑させられています。

 

だけど、それはあくまでもここ1、2年の話。

4年半ほど前の会社員の頃、先輩に「お前、彼⼥作れよ!」と⾔われて動き出したところからしばらくの間、僕は起業で成功することを夢⾒る迷惑製造機でしかありませんでした。

例えば、こんなことが起きました。

ネットワークビジネスの勧誘に引っかかりビジネスに⽬覚め、ネットワークビジネスにハマりかけたり、

2ヶ⽉ほどでネットワークビジネスでは稼げないと悟った後からは怪しい副業系のスクール運営にがっつり関わってみたり、

⾼額な情報商材を買ってネット転売に取り組んでみたり、

知⼈とともに恋活パーティーを開いてみたり、
(⾃分の彼⼥はできませんでしたw)

特にあてもないけど、チームを組んでYouTubeを使ったビジネスをやろうとして何も形にならずに⼈間関係だけをこじらせてしまったり、

信憑性が不明な不動産投資を斡旋している⽅のセミナー集客をしたりと、あれもこれも⼿を出していました。

 

しかもその時は、⾃分にあったビジネスがあるはず!⾃分にあったやり⽅があるはず!なんて考えて、様々な適性診断を受けてみたり、星占いや⾎液型占いの答えを参考にしてみたり、ウェルスダイナミクスという学問を教えられる資格も取っていました。

 

だけど、うまくいかないのです。

というか、⾃分にあった仕事とか働き⽅が分からずに失敗ばかりを繰り返していました。

でも、その頃の僕には⽬標がありました。

「とにかくビジネスで成功するぞ!」

薄っぺらい⽬標と⾔えるのかも分からないギラギラ感だけを漂わせ、⼈に迷惑をかけまくる⽇々。

⼈⽣で最も⼈を怒らせた時期だったと思います。

そんなこんなもあって、「これじゃあダメだ!物を売れるようになろう!」と、コピーライティングを始めたのですが、そこからもまだまだ安定しません。

副業系の商材を販売するのを⼿伝った時も不誠実な仕事をしてこっぴどく叱られたり、

成果報酬で受けていたセミナー集客案件で集客はうまくいったのに成果報酬をもらえなかったり、

仕事を取ることに必死でまだサービスが固まってない⼈の⽀援をしようとして何も形にならなかったり、

失敗の数もあげだすときりがありません。

本当に何をやってもうまくいきませんでした。

僕が苦しんでいる中でも僕と同時期にビジネスを始めた⼈やコピーライティングを共に学んでいた⼈たちが次々と突き抜けていきます。

中には同時期にビジネスを始めたにも関わらず、億越えプレイヤーになっている⽅もいて、彼らに対して嫉妬⼼を抱いてしまっていました。

それに、
「彼らがあんなにブレークするなら⾃分もいけるはず!」
「次こそは突き抜ける!」
「今回こそは!」
と焦りばかりが募る毎⽇。

でも⼀向に結果は出ません。
「何で彼らはあんなに幸せそうなのに、僕はこんなにも⾟いんだろうか。。。」
なんてことを考えてしまう毎⽇。

落ち込んだり空回ったりしながらもとにかくガムシャラに⽬の前のことだけに注⼒しました。

ただ、それも続かないしさらに成果も出ない。

ふてくされる毎⽇。

挙句の果てには、⾃称実業家のよく分からない男性に洗脳・軟禁され借⾦600万円を⾷らう⼤事件に。

 

ある意味、ここで膿を出し切ったのかもしれませんが、そこから僕は⽣まれ変わったかのように真⾯⽬にビジネスに取り組み始めました。

脱サラしていたので稼がないといけないというのもあったのですが、
「こんなしょぼい⼈⽣で終わってたまるか!」
という野⼼が僕を突き動かしたのです。

その後、⼤きな転機が訪れました。

つづく

→第2話
思い描いていた成功を手に入れたはずだったのに僕が疲れ果ててしまったまさかの理由その2