本当はどうしたいの?に惑わされてない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業主界隈でよくされる質問。

「本当はどうしたいの?」

これに対して無理に答えを求める人が多すぎです。

無理に答えを考えた挙句、
自分が幸せじゃないキャリアを選ぶ。

そして、なんとなく稼げたりするけど
仕事に飽きたり行き詰まったりする。

というかその前にそもそもやりたいことが
見つからなさすぎて動けない人もいる。

そんな状況に陥っている人を
これまでにもたくさん見てきました。

ただ、僕はこう思います。

「無理してやりたいことを見つけなくてもいい。
無理してしっくりこない仕事を続けなくてもいい。
それでも強みを活かして仕事ができる方法がある!」

「やりたいことや将来の夢、目標、
ビジョンがなくても、
うまく生きていける働き方はある」

実際僕も便宜上はコピーライターを
名乗ってますが、正直なところなんとも
言えない動きをしています(笑)

自分でも何屋か分からないことがよくあります。

それでもわりと好きなようには生きられているし
自分の人生に対して不満はほとんどありません。
(ほとんどであって完全ではない)

生き方なんていくらでもあるから
「本当はどうしたいの?」
という質問に翻弄されないでください。

ちなみに僕が仕事に関して

「本当はどうしたいの?」

と聞かれたらこう答えます。

「幸せに働けるならそれでいいです」

P.S.
無料メルマガ発行中

自分の使いこなし方、物事の捉え方
役に立ちそうな記事のシェア
マーケティング、プロモーションの話など
不定期でメルマガも発行してます。

自分で言うのもあれですが、結構面白いとも評判ですw

登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*