コピーライティング

実は使い物にならない!?コピーライティングの闇

どうも、山本です。

僕はコピーライターを名乗って活動することが多いのですが、その活動の中で気づいたコピーライティングの弱点について今日はお伝えしようと思います。

コピーライティング能力は一般的にはオンラインを使う上で必須だし、最強の能力なんて言われることも多いです。

事実、ファンを獲得するにも集客するにも良い文章を書ける方が成果につながりやすいです。

しかし、強烈な弱点があります。

その弱点とは、

「無い袖は振れない」

ということ。

FacebookやGoogle検索などで至る所で目にするセミナーの案内、誰かのメルマガで流れてくるサービスの告知ページ。

よく見れば大体同じ構成で書かれてませんか?

魅力的っぽいキャッチコピーがあって、お客様の声や実績があって、コンテンツの内容があって、プロフィールが書かれてて、メールアドレスの登録フォームなどがある。

大体決まってこのパターンです。

多くの人が、結果の出やすいテンプレートと呼ばれるものを使用してコピーを書いているから似たようなものばかりになっています。

すると、どうなるでしょうか?

みんな同じで金太郎飴状態。

全然魅力的に見えなくなってしまうのです。

コピーライターとして活動している中でも魅力的なネタのないサービスのコピーを書くのは死ぬほど苦戦しますし、書いてもそれほど売れません。

となると、どこかで魅力を感じてもらえるように差別化していく必要があるのですが、差別化のためには原材料になる魅力的なネタが必要になりますよね。

コピーライティングの弱点として

”ない袖は振れない”

と言った理由は差別化できる魅力的なネタがない人が多すぎるからです。

ネタがない中でいくらいいテンプレートを真似しても結果は出ません。

誰かの二番煎じで売れず終い、なんてことになってしまいます。

また、ネタがない中で無理やりネタを捏造すると、そのネタ通りの結果が出ずに詐欺と糾弾されてしまうこともあります。

(詐欺的な情報ビジネスのコピーはほぼ捏造や過剰演出です。)

じゃあ、どうすればいいのか?

解決策は非常にシンプルで魅力的なネタを作ればいいんです。

ただ、ここでもさらに陥りがちなことがあります。

それがネタ作りのためにノウハウやスキルを学ぶこと。

しかし、いくら学んでも面白いネタは生まれません。

なぜなら、ノウハウやスキルなんて今ならネットで検索すれば大体は無料で見つかることが多いから。

ここで本質に立ち返る必要があります。

どうすれば、魅力的なネタを作れるのか?

結局すべてのネタは自分というフィルターの中から生まれます。

自分のフィルターとは簡単に言うと価値観や自分の哲学のことです。

言葉なんかは特に自分フィルターの影響が顕著に出てしまいます。

例えば、知識、体験、思考が深い人は独自の言葉を紡げるけれど、経験が浅い人、思考や知識の偏りがある人は狭い振れ幅の中の言葉しか使うことができません。

なんなら他人から借りた言葉をそのまま横流しのように使っている人も数多く見かけます。

つまり、体験したこと、知識、生き様などすべてが浅い状態だと魅力的なフィルターが出来上がらず、魅力的なネタをアウトプットできません。

ここまでをまとめると、成果につながるいいコピーが書けるということは、魅力的なネタを持っているということ。

そして、その魅力的なネタを持っているということは魅力的な生き方をした結果醸成された高精度フィルターを持っているということ。

ここに尽きます。

僕がまだまだ言えることでもないですが、結局は面白い生き方をした人が魅力的な人間になりコピーライティングはもちろん、ビジネス全体において成果を作っていくことになります。

だから、自分という人間の器を広げる経験や知識を蓄積し、知恵を育んでいくことがビジネスだけに限らず人生を豊かにしていくことになるのでしょう。

もし、自分はまだまだ魅力的なアウトプットができないと感じているなら、これから魅力的なアウトプットができるようになるためにどのように生きていきますか?

ピックアップ記事

  1. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  2. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  3. この世界に正解を求める人々へ
  4. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた

関連記事

  1. ブログ記事

    僕が自意識過剰だった頃の話

    どうも、山本です。僕は他者評価と自己評価のズレに思いっきり悩ん…

  2. ブログ記事

    宗教乱立時代に飲まれるな!

    どうも、山本です。日本は無宗教の国だなんて言われますが、果たし…

  3. ブログ記事

    女装レポ~可能性を感じることをやってみる~

    どうも、山本です。2018年12月某日、男性3人で全力出して女…

  4. ブログ記事

    金で魂売るべからず

    どうも、山本です。なかなか物騒なタイトルになってしまいましたが…

  5. ブログ記事

    行動してるのに結果が出ないなら、、、

    どうも、山本です。中小企業の倒産理由の第1位を知っていますか?…

  6. ブログ記事

    知らぬ内に他人の土俵で戦ってないか?

    どうも、山本です。前々からよく言われることなんですが、僕は論理…

  1. ビジネス分析

    なぜ、高単価サービスが流行ったか?
  2. ブログ記事

    自分の商品価値を上げる3つの方法
  3. ブログ記事

    「私にはできません」と言い切ったら興味を持たれる件
  4. ブログ記事

    現実は残酷である
  5. ブログ記事

    思った以上の現実はどこからやってくるのか?
PAGE TOP