ビジネス分析

仮面ライダーに学ぶマーケティング

どうも、山本です。

子どもの憧れのヒーロー仮面ライダー。

新たなシリーズが出続けもう40年以上も続く超人気番組ですが、実はこの仮面ライダーってものすごく素晴らしいビジネスモデルになってるってご存知でしたか?

僕たちの日頃のビジネスにも応用できる内容なのでその秘密に迫っていこうと思います。

仮面ライダーシリーズで一番儲けているのはおもちゃを販売しているバンダイです。

バンダイは仮面ライダーシリーズの販売権を持っていて、変身ベルトなどの関連グッズを大量販売することで収益をあげています。

1つのシリーズで100億円以上売り上げていることもざらにあるようです。

参考データ:
http://prehyou2015.hatenablog.com/entry/precurerider_1
(プリキュアもめっちゃ儲かってます)
(ちなみに、最もグッズ売り上げが高いのは仮面ライダーフォーゼだそう)

で、このビジネスモデルの何が素晴らしいか?ということに踏み込んでいきます。

仮面ライダーと言えば子どもたちの憧れのヒーロー。

仮面ライダーに憧れた子どもは毎週毎週テレビに釘付けになり仮面ライダーを見るようになります。

そして、こう言います。

「僕も仮面ライダーになる!」
「仮面ライダーになりたい」

そして、おもちゃ屋やお菓子コーナーに行くと、置かれてある大量の仮面ライダーグッズ。

普段、仮面ライダーを見ている子ども達は迷うことなく欲しがります。

しかも、全力で。

そして、子どものためにと思ってパパとママは誕生日などの機会におもちゃを買ってあげます。

子どもは喜んでそのおもちゃを使って仮面ライダーになりきってしまいます。

で、ここから悲劇が始まるのですw

欲望に終わりがないのが私たち人間ですが、よくも悪くも子どもは素直。

だから、あこがれ欲求が高まった子どもたちは次から次へとおもちゃを欲しがります。

そして、全部は買わないにしろ、何かのきっかけがあれば仮面ライダーの関連グッズを買い与えるようになります。

さらに、テレビ放映のすごいところは回が増えるに連れてキャラクターが増え、変身のバリエーションなども増えること。

すると、もうお分かりかとは思いますが、その分、関連グッズも増えていくのです。

新しい武器だったり、違う色のベルトだったり。

そして、テレビ放映が盛り上がるに連れて子どもたちの憧れ度合いが高まり、欲しい度合いも高まっていくのです。

パパとママ、そして孫に究極に甘いじいじとばあばの登場により子どもたちはどんどんおもちゃを手に入れてどんどん仮面ライダーの世界に没頭していきます。

おまけにもう一つすごいことが。

それは、だいたい1年周期で1つのシリーズが完結すること。

もちろん、次のシリーズが始まります。

ここからはもう予想はつきますよね。

ここまでの流れがひたすら繰り返されることになるのです。

ザクっと全体の流れをお伝えしましたが、ここから大事な部分をまとめます。

仮面ライダーでおもちゃを買わされるステップ

1:テレビ放映によって子どもたちを熱狂的な仮面ライダーファンにする
しかし、ここではグッズを販売しない。

2:TVCMやおもちゃ屋、お菓子コーナーで関連グッズを子どもが見つけてしまう。

3:親にせがみ購入。

4:テレビがさらに盛り上がりさらにファン化が促進される。
しかも新しいキャラやアイテムが登場する

5:子どもが欲しがる

6:親にせがみ購入 or 救世主じいじとばあばの登場により購入

※以下、繰り返し

ここのポイントは大きく2つあると思っています。

1つはファン化する場所と販売する場所を分けていること。

そして、もう1つは、ヒーローを使うことで子どもたちの憧れという欲求を究極に高めていること。

これって僕たちのビジネスにも応用可能ですよね。

ファン化する場所と販売の場所を分けることについては、例えば、Facebookでファン化を促進し、メルマガで販売するとかです。

あと、メルマガでファン化を促進しセミナーで高額な商品を販売するとかもそうです。

また、子どもたちにとってはヒーローへの憧れが強烈な欲求ですが、あなたのお客様にとっての強烈な欲求は何でしょうか?

その欲求を日々刺激することを心がければお客様は仮面ライダーグッズを欲しがる子どものような状態になってもらえるということですよね。

ここで伝えたのはある意味当たり前の2つのポイントですが、仮面ライダーシリーズはこれが非常に高精度で凄まじいレベルで実現されています。

細かく見れば他にもファン化促進要素はたくさんあるのですが、大きなところで見るとこの2つ。

時間があれば、グッズの売り上げが低かった仮面ライダー響鬼と売り上げが最大の仮面ライダーフォーゼの比較をしてみたいと思いましたw

今日は仮面ライダーを取り上げましたが、日常の至る所でマーケティングは仕掛けられているので意識しながら生活できると面白いかもしれませんね。

ピックアップ記事

  1. この世界に正解を求める人々へ
  2. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  3. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  4. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口

関連記事

  1. ブログ記事

    現代人が侵されている致命的な病気 その2

    どうも、山本です。前回の記事では「想像力欠乏症」が私たちを襲っ…

  2. ブログ記事

    形にならないアイデアを形にする最大の秘訣

    どうも、山本です。・やりたいことがあるけど形にならない・ア…

  3. ブログ記事

    社会が便利になるほど人はバカになる

    どうも山本です。毎日毎日社会はどんどん便利になっていきます。…

  4. ブログ記事

    仁義なき戦い〜スーパーのお菓子売り場にて〜

    どうも、山本です。まずはこちらをご覧ください。〜〜スー…

  5. コンテンツ作り

    LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口

    どうも、山本です。LTVという概念はご存知でしょうか?…

  6. ブログ記事

    価値とはそもそも何なのか?

    どうも、山本です。「価値」を提供しよう。とか「価値」を作ろう。…

  1. ビジネス分析

    ノドグロに学んだブランドの威力
  2. ブログ記事

    修羅場の数だけ強くなれるよ♪
  3. ブログ記事

    ノウハウを効果的に活用するために
  4. ブログ記事

    もう一段階自分を成長させたい時に生まれる障害
  5. チームでの働き方

    ビジネスパートナーを選ぶときの基準
PAGE TOP