ブログ記事

僕が自意識過剰だった頃の話

どうも、山本です。

僕は他者評価と自己評価のズレに思いっきり悩んでいました。

主に、一昨年から去年にかけて。

どんなことに悩んでいたかと言うと、業務委託で活動していたころに一時呼んでもらえていた「天才マーケッター」という言葉です。

当時、僕はその会社のマーケティング責任者講座の講師として活動してたのですが、ある日、社長の好意でFacebook上で僕のことを天才マーケッターと紹介してくれました。

響がいい言葉ということもあり、その呼び名が結構広がりました。

ですが、僕の現実は、

・責任者として頑張ってるけど、100%満足のいく結果を残せない
・講座の講師を任せてもらったけど思ったように受講生の成果に貢献できない

といったものでした。

・責任者として申し訳ない
・講師として申し訳ない

という罪悪感も持つようになっていたのですが、その罪悪感とは裏腹に周りの人からは相変わらず「天才マーケッター」と言ってもらえる状態。

とてもありがたいことなのかもしれませんが、当時の僕にとっては死ぬほど苦痛でした。

天才でもなんでもない凡人の僕にそんな二つ名はおこがましい
そんなに実力がない自分が恥ずかしい
期待される成果を提供できずがっかりさせてしまう自分の弱さが辛い

と日々考えていて、天才マーケッターと呼ばれるたびに心が痛みました。

仕事のことが不安で仕方なくて毎日ぐっすり寝れない。

口癖は「疲れた」。

重度の肩こりと背中の張りでPC作業そのものが辛い。

こんな感じでした。

そして、講座の講師就任から1年後、僕は自分の心と身体のバランスを保てなくなり、責任者も講師の仕事も両方辞めさせてもらいました。

当時の僕はまさにハリボテ。

天才マーケッターという言葉が凡人にかける皮肉に聞こえるくらい心理的に疲れる羽目に。

「天才って聞いてて期待したけど、実際は思ったほどじゃなかったな。」と思う人が実際多かったと思いますし、実際、僕がハリボテだということに気づいていた人も多いと思います。

講師を辞めた時、表向きは組織を抜けて完全に独立した感じに見えていたかもしれませんが、僕の実態は逃げ出しただけ。

でも、食っていかないといけないし、組織で思ったような成果を上げられなかった手前せめて成果を出せるようになりたい。

そんな思いで個人としての活動を開始しました。

ですが、天才と呼ばれてたのに、期待通りのことを提供できない不安。

がっかりさせる恐怖。

成果を出せない自分を認めたくない甘さと弱さ。

が蘇り思ったように動けません。

これらのことで悩んだことで僕に起きたのは、

・いつまでも上がることない自己評価
・他者評価だけを気にして発言する癖
・他者に悪口を言われてる気がする被害妄想
・目立つのが怖くてアクセルとブレーキを同時に踏む病

でした。

で、ここまで書きましたが、お涙頂戴な話をしたい訳ではありません。

悲劇のヒーローになりたい訳でもありませんw

この状況を一言で言うと、

自 意 識 過 剰 ! !
自 意 識 過 剰 ! !
自 意 識 過 剰 ! !

がぴったりかと思います(笑)
(一言で収まりませんでした)

・自己評価なんて成果に関係ない
・他者評価の前に自分の意思
・被害妄想なんて自意識過剰
・ブレーキも自意識過剰

僕が僕のコンサルだったら、1つずつぶった切ってたと思います(笑)

今ではこんな感じに冷静に書けてますが、当時の僕にとっては深刻すぎる悩みでした。

自分の意思を尊重すれば、こんなことにはならなかったのに、勝手に他者のことを気にしすぎて自意識過剰になってたのです。

ちなみに自意識過剰という問題は表面的自己評価は低いのに潜在的自己評価が高すぎるときに起きる現象だと思います。

今回のケースのように悩み事とかって客観的に見ると大したことなかったりするのに、本人からするとすごく深刻になりがちなんですよね。

ですけど、ただの自意識過剰なこともあるので悩みとかトラウマとかがある方はそれを今一度俯瞰して冷静にぶった切ってみてはいかがでしょうか?

そうするだけでほとんどの悩みは軽くなっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  2. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  3. この世界に正解を求める人々へ
  4. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた

関連記事

  1. ブログ記事

    強みと弱みとドラえもん

    どうも、山本です。「もしも、四次元ポケットを持ってたら、、、」…

  2. ビジネス分析

    豪華客船でのカリブ海クルーズで学んだこと

    どうも、山本です。2019年3月にアメリカに約10日間の旅行&…

  3. ブログ記事

    行動してるのに結果が出ないなら、、、

    どうも、山本です。中小企業の倒産理由の第1位を知っていますか?…

  4. ブログ記事

    マトリョーシカじゃあるまいし

    どうも、山本です。マトリョーシカはご存知ですよね。人形…

  5. ブログ記事

    たまには諦めた方がいいこともある

    どうも、山本です。誰しも苦手なことってあると思うんですよね。…

  6. ブログ記事

    現実は残酷である

    どうも、山本です。現実が変わらない人、行動できない人が行動でき…

  1. ブログ記事

    オリジナリティを発揮できない人の特徴
  2. コピーライティング

    キャッチコピーの考え方
  3. チームでの働き方

    一人でできなくてもいいもん!
  4. ブログ記事

    実は危険な「紹介」での顧客獲得
  5. コピーライティング

    魅力的なストーリー作りに必要な●●力
PAGE TOP