ブログ記事

自分の武器の見つけ方

どうも山本です。

ここで僕が定義する自分の武器とは、市場価値があって人に重宝される能力のことです。

言い換えると、その武器を中心とした仕事の依頼をいただけるレベルということです。

例えば、僕の場合だと、

・考える力
・実行力
・調整力

などをお金をいただけるレベルの武器として使っています。

他にも、僕のではないですが、僕が知っている武器をいくつかあげると

・ご飯を食べてるだけで売上が上がる力
・セールスせずに売れる力
・圧倒的安心感
・圧倒的コミット力
・緻密なプランニング力
・管理力
・データ入力力(言葉がおかしい)
・その場にいると人が集まる力

など一見おかしなものに見えるものでもその武器が重宝されて仕事をいただいていたりする人がいます。

なので、自分の武器はぜひ見つけておくべきだと思うのです。

で、今日は見つけ方がテーマです。

自分の武器はいくつかの観点から見つけることができるのですが、今日は3つの切り口についてお伝えします。

で、その3つの切り口に入る前に前提をお伝えしておきますね。

この前提を持っておかないと武器を武器とみなさず見過ごすことになってしまいます。

武器探しの前提

その前提とは、

「最初から完璧な武器を目指さない」
「武器は磨かないと価値が低い」

ということです。

宝石の原石って見たことありますか?
(僕は画像でしか見たことないですがw)

あれって、最初はさほど美しくないですよね。

表面が霞んでいたり、色は綺麗だけどデコボコだったり。

そういう状態から磨くから綺麗になって価値が高まるのですが、原石の状態ではその価値がなかなか分かりません。

なんならそれが宝石なのかどうかもわからないかもしれません。

そして、人の武器も同じようなことが言えます。

最初はそこまで尖ってないし、人並みレベルでしかないように見えたりするし分かりにくかったりするけれど、使えば使うほどに価値が上がります。

だから、最初から完璧を求めないでください。

磨き上げる前提で未熟でも武器として使っていくことが大事です。

その前提の上で、自分の武器を見つけることに着手してもらいたいのですが、今回は冒頭でもお伝えしたように3つの切り口についてお伝えします。

自分の武器を見つける3つの切り口

1:自分でなんとなくこれだと思うもの

人は自分のことが分からないというのと逆説ですが、心のどこかで自分にとって何が武器かは気づいている人が多い気がしています。

ただ、「これが得意です!」とか「これなら誰にも負けない!」と思っていても、自分よりすごい人をたくさん見てしまうので、やっぱりそうでもなかったんだと心のどこかにしまいこんでしまいます。

それってすごく大事で、本当は使えば武器になる可能性があるのに、それを放棄してしまっているのです。

なので、人と比べてどうこうとかじゃなく、自分の中でこれは武器になり得ると思うものは、武器にしてしまいしょう。

2:人に重宝される能力

普通に生活をしていたり、仕事をしていると人から何かをお願いされるシーンってありますよね。

そこにもヒントが眠っています。

人からお願いされるということは、単純に面倒くさいから投げられている可能性もなくはないですが、あなたの方が得意だからお願いされることもあると思うのです。

それって、ほぼそのまま武器になります。

僕の場合は、小さい頃から脳みそ貸して欲しいというのをよく言われてました(笑)

発想力だったり、速攻で判断したりする力が小学生くらいからあったようで、これは僕の中で武器にしています。

ちなみに、今の仕事でも「僕の脳みそを使う感じで使ってください」と言うことが多いのですが、これは自分の中で武器だからそれを相手に伝えるようにしています。

普通に考えると僕の脳みそも、各分野の専門家には到底及ばないし、今の生き方の中で培ってきたものなので、ザッカーバーグやビル・ゲイツのような天才性はありません。

だけど、武器と認識して使ってきたことによって市場価値を高めることができそれだけで仕事になるレベルになってきました。

3:適性診断などのテスト結果を参考にする

自分じゃなくて外に頼る方法です。

適性診断って最近すごく増えていると思うんですよね。

質問に答える後天的な要素を測る診断テストだったり、生年月日などを元にした先天的な要素を見る診断テストだったり。

で、こう言うのもすごく役立ちます。

僕の場合はありとあらゆる診断系で、スピード感、頭の回転がいいと言う結果が出ます。

そんなのデマじゃんと思うかもしれませんが、武器のヒントはこう言うところで見つかるかもしれません。

まとめ

ザクッと3つあげてみましたが、日常生活のありとあらゆるところから自分の武器になる要素は出てきます。

人より少しでも長けている。

人とは比べてないけど、自分の中でものすごくスムーズにことが運ぶ。

そういったものが見つかれば、磨き上げれれば十分それだけで市場価値のある武器になります。

だから、武器がないなどと嘆くのではなく、

「自分の中でこれだ!」

と思えるものを決めつけて磨きはじめてみましょう。

方向転換なんてすぐにできるのだから、もしうまくいかなくても心配なんていりません。

また別の武器っぽいものを見つけて磨き上げればいいのです。

ちなみに僕の場合は、先ほど書いた頭の回転とか脳みその使い勝手がいいことに加えて、最近だと調整役が意外と向いているという武器も見つかりました。

武器って一つだけなくいくらでも持てるので、慌てずに一つ一つ積み上げていきましょう!

さて、あなたの武器っぽいものは何ですか?

それはいつから磨きはじめますか?

ピックアップ記事

  1. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  2. この世界に正解を求める人々へ
  3. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  4. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口

関連記事

  1. ビジネス分析

    なぜ、高単価サービスが流行ったか?

    どうも、山本です。一昨日、僕がコント漫才やって滑ってる醜態をメ…

  2. ビジネス分析

    セーラームーンに学ぶブランディング

    どうも、山本です。「ブランディングできたらもっと人気になれそう…

  3. ブログ記事

    愚か者として生きる

    どうも、山本です。僕が考える起業家とは、世界を少しでも変えられ…

  4. ブログ記事

    未来を切り開く出川哲朗力

    どうも、山本です。ビジネス活動を広げたくてもSNS、ブログだけ…

  5. ブログ記事

    素人でもそれなりにまとまったLPを作る方法

    どうも、山本です。思った以上に楽に作れる3つのツールを使ったL…

  6. ブログ記事

    たまには諦めた方がいいこともある

    どうも、山本です。誰しも苦手なことってあると思うんですよね。…

  1. ブログ記事

    成約に至るシンプルな方法
  2. ブログ記事

    実は危険な「紹介」での顧客獲得
  3. ビジネス分析

    なぜ、高単価サービスが流行ったか?
  4. ブログ記事

    価値とはそもそも何なのか?
  5. ブログ記事

    売上を上げるための前準備
PAGE TOP