チームでの働き方

あなたの期待が誰かを潰しているかもしれない

どうも、山本です。

何事もそうですが、「期待」にもポジティブな効果とネガティブな効果があります。

ポジティブな効果としては結構有名な「ピグマリオン効果」と呼ばれるものがあります。

この効果は

”人は他者から期待されることによって期待されない時よりも高いパフォーマンスを発揮できる”

というもの。

例えば、何かを人にお願いするときに

「〇〇を×日までにお願いします。

これができるとAさんにとっても△△なメリットもあるし、ウチの会社にとっても大きな一歩になりそうなんだ。

いつも十分やってくれてるけど今回も期待してるよ!」

と伝えるような感じです。

うまく活用すれば、他力を効果的に使えるようになります。

しかし、デメリットもなかなか強烈です。

このデメリットを分かりやすくするために社長と仕事のできるスタッフBさんという例で考えてみます。

Bさんはいつも仕事をスピーディーにこなします。

なので社長からの評価はかなり高い方です。

社長はBさんのスピードを重宝しているので、いつもBさんを中心に仕事の依頼を進めます。

そして、Bさんはいつも社長の期待を超える仕事をします。

来る日も来る日も期待に答え続けるBさんとBさんに期待し続ける社長。

最初の内はうまくいっていたのですが、ある日、いつも期待に答えてくれるはずのBさんが期待外れの仕事をしてしまいました。

たまには、こんなこともあるんだと受け入れた社長でしたが、Bさんはまた次も、そしてその次も期待外れの行動をしてしまいます。

そこで社長は考えます。

”あれ、意外とBって役に立ってくれないのか。

せっかく期待してたのにこれじゃダメだな。

それに最近なんかあいつとか変わると疲れるしきっと今の自分にとってBは必要ない人なんだな”

社長だけでなく、Bさんにも思うところがあります。

”最近の社長の依頼って難易度が高すぎるし私に振ってくる仕事も多すぎるし、社長についていくのは疲れた、、、

もうこの仕事やめたいかも、、、”

最初はいい関係で仕事ができていた社長とBさんですが、いつの間にか険悪な関係になってしまっていました。

今回は社長とBさんという例え話風に書きましたが、これって世の中の至る所で起きている現象です。

これは両者に原因があります。

社長はBさんの活躍に甘えてしまい、Bさんの限界を超える期待をしてしまいました。

期待というよりも甘えすぎと言ってもいいかもしれません。

そしてBさんは社長の期待に応えたい気持ちが空回りし自分の限界キャパを超えてしまいました。

とは言えこれってお互いのコミュニケーションがうまく取れていれば回避できる問題です。

なのに「期待」のせいでコミュニケーションにズレが起きてしまったのです。

僕の考えではこれを回避するための方法は3点あると思っています。

1:期待と甘えを混同しない
2:期待はするけど、期待しすぎない(バランスが難しいですが)
3:お互いがお互いの現状を把握する(限界キャパと適正のチェック)

うまく使えば効果的に成果を生み出せる「期待」

しかし、一歩間違えば他人を潰してしまう道具にもなってしまうのです。

期待とはうまく付き合っていきたいものですね。

あなたの期待は誰かを潰してしまっていませんか?

ピックアップ記事

  1. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  2. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  3. この世界に正解を求める人々へ
  4. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力

関連記事

  1. ブログ記事

    仕事で使える便利なツールの紹介

    どうも、山本です。仕事を効率化するために役立つWEB上の無料ツ…

  2. ブログ記事

    形にならないアイデアを形にする最大の秘訣

    どうも、山本です。・やりたいことがあるけど形にならない・ア…

  3. ブログ記事

    もう一段階自分を成長させたい時に生まれる障害

    どうも、山本です。「突き抜けたいんです」「生活が成り立…

  4. ブログ記事

    才能を発揮できる人、発揮できない人

    どうも、山本です。才能を発揮したいというのは万人に共通する1つ…

  5. ビジネス分析

    セーラームーンに学ぶブランディング

    どうも、山本です。「ブランディングできたらもっと人気になれそう…

  6. ブログ記事

    仁義なき戦い〜スーパーのお菓子売り場にて〜

    どうも、山本です。まずはこちらをご覧ください。〜〜スー…

  1. ブログ記事

    愚か者として生きる
  2. ブログ記事

    自分を再定義してバージョンアップ!
  3. ビジネス分析

    ビジネスに安定感がある人の共通点
  4. ブログ記事

    自分の小ささを知る
  5. ブログ記事

    価値とはそもそも何なのか?
PAGE TOP