ブログ記事

勇気を手にいれるには?

勇気を手に入れるには?

どうも、山本です。

ここ最近の僕の最大のテーマでもある勇気。

突き抜けたいと思いながらも目立つことを恐れて地味に地味に活動を続けてます。

もうそろそろ地味な自分にも飽きたのですが、最後に立ちはだかる壁は失敗への恐れ。

でも、この恐れを取っ払うのって結局、勇気でしかないと思うんですよね。

昨日のメルマガでも書きましたが、僕が思う勇気とは

”失敗も成功も受け入れて前に進む決断”

です。

で、ほとんどの場合、失敗を恐れる感情が行動を制限するのですが、ここで考えたいことがあります。

そもそも、失敗と成功の定義は何か?です。

特に、失敗を定義せずになんとなく怖いもの、嫌なものとしてしまうと失敗の正体が見えずに恐れとなって足が止まってしまいます。

これって、おばけなんて実態がないのにそのおばけが怖いからトイレにいけない子どもみたいなものです。

行動できない=おばけが怖くてトイレにいけない

と考えたらちょっと可愛いけどいい大人だったらダサいですよねw

だからこそまずは失敗を定義することから始めるのですが、失敗ってそもそもなんでしょうか?

色々考えた結果、僕が導き出した回答は1つの物事が後悔の念で終わること。でした。

これには人それぞれの見解があると思います。

なので自分の定義を決めることが大事です。

僕の場合は、1つの物事が後悔の念で終わることが失敗だと考えたのですが、そう考えると、今の地味な生活を続けるのはまさに失敗ではないか?と。

挑戦するプロセスで恥かいたり嫌な思いをすることがあるかもしれません。

だけど、僕の場合は結論後悔して終わらなければ失敗ではありません。

ここで勇気の話に戻ります。

勇気とは失敗も成功も受け入れて前に進む決断と僕は定義しました。

だったら、この失敗は受け入れられるのか?

僕の場合、一つの物事を後悔の念で終わらせるのは嫌だ!と思ってしまうから勇気を持てずにいたのです。

じゃあ、単純に後悔してもいいのか?というと、それは頭レベルでは理解できますが、体と心レベルでは腑に落とせていません。

だから、勇気を持てずにいたのです。

ただ、仕事面では勇気を持てずにいる僕ですが、これまでの人生では勇気を発揮している瞬間がありました。

それは恋愛の場面。

恥ずかしいので詳細は省きますが、いけるかどうかの瀬戸際の時ってもう後悔してもいいや!と思って割と大胆に行動してるんですよね。

この大胆さによって前にも書いた、「気持ち悪い留守電」という黒歴史も生み出しましたが、その反面、うまくいった成功体験もあるのです。

つまり、その時はちゃんと成功も失敗も受け入れてしっかりと勇気を振り絞っている訳です。

でも、最近は勇気が出せないなんて嘆いてました。

しかもこれまで一度も勇気を出せたことがないという勘違いまでしながら。

過去の自分にできているのに今の自分にできないことはそんなにないはずです。

だから、やろうと思えば勇気を出すことくらい簡単なはずなんです。

で、こんな話をして何が言いたいかと言うと、勇気を出せないと嘆いている人も過去に1度や2度は勇気を振り絞ったことってあるんじゃないですか?

その時に体験があれば、勇気を出すことが難しいことではないと分かるはずです。

もちろん、勇気を振り絞った挙句失敗することもあるでしょう。

だけど、それ以上に大きな自分にとっての成功が手に入ることも大いにあり得るのです。

だから、もし今失敗を恐れて行動できずにいるとしたら過去の自分の成功体験を思い出しつつこれからの未来の自分に向けて勇気を振り絞ってみても面白いかもしれませんね。

と言うことで、僕は勇気を振り絞ってアクセルを踏んでいきます。

ピックアップ記事

  1. この世界に正解を求める人々へ
  2. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  3. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  4. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力

関連記事

  1. ビジネス分析

    豪華客船でのカリブ海クルーズで学んだこと

    どうも、山本です。2019年3月にアメリカに約10日間の旅行&…

  2. ブログ記事

    愚か者として生きる

    どうも、山本です。僕が考える起業家とは、世界を少しでも変えられ…

  3. ビジネス分析

    お笑いとビジネスの関係性

    どうも、山本です。ある日、僕がお世話になっているプロデューサー…

  4. ブログ記事

    素人でもそれなりにまとまったLPを作る方法

    どうも、山本です。思った以上に楽に作れる3つのツールを使ったL…

  5. ブログ記事

    自分の市場価値を高めるには?

    どうも、山本です。自分の市場価値とは、自分が社会に対して発揮す…

  6. ブログ記事

    言いたいことが言える世の中になったのに、、、

    どうも、山本です。反町隆史の名曲「POISON」はご存知でしょ…

  1. 独り言

    ”私と小鳥と鈴と”から考える理想の世界 
  2. ブログ記事

    顧客リストの資産価値に注目せよ
  3. チームでの働き方

    チームの生産性を上げる6つのポイント
  4. ブログ記事

    その前提、疑ってみたら??
  5. コピーライティング

    キャッチコピーの考え方
PAGE TOP