ブログ記事

思い込みによって引き起こされる大きな損失

どうも、山本です。

知らず知らずの内に人って自分のことを諦めてしまってたりします。

僕自身も相当自分のことを諦めてしまっていました。

具体的には潜在的にこのようなことを感じていました。

・みんな細かいことは嫌いだ
だから、面倒なことは絶対にやらない
だから、僕が伝えたことも行動に移されない

・僕が必死で話しても伝わるのは一部の人だけだ
だから、話が伝わらずに思うような結果が出ない

・お金を手にするとどこかのタイミングで急落する。
だから、思いっきり売上を上げることに抵抗してしまう。

これらはまだ一部なのですが、日々、自分がこのような前提を持って行動している訳ですからまあ、その通りに現実が動く訳です。

・どれだけ必死に伝えても うまく伝わらない。
・どれだけ必要な行動を伝えても相手が動いてくれない
・お金を稼ぐことにビビって普段できる提案ができなくなる

というような現実が引き起こされていました。

で、現実が思い通りにならない時って人ってどんな行動を取るでしょうか?

・・・

そう、他者への責任のなすりつけです。

「相手に伝わっていないのは僕のせいじゃない。僕は伝えたから相手が動かないのが悪いだけだ。」

「細かいことをやらずに成果を出すなんてありえない。本当に成果を出す気があるのかな?」

「僕は悪くない!!!!!!!!」

って感じです。

相手にめちゃくちゃ失礼ですが、こんなことを思いながらビジネスをしていた時期がありました。

そりゃー、自分も相手もストレスが溜まりますよね。

思い通りの成果にはほど遠いですよね。

思い込みって怖い怖い。

で、この他者に責任をなすりつけたくなってしまっている時って自分のことを諦めてしまっている可能性が高いんです。

自分のことを変えずして人を変えようとしてしまっているんです。

自分のことを棚に上げてしまうんです。

もちろん、時と場合によっては自分のことを棚にあげて考えることは大事です。

しかし、自分のことを棚に上げて相手に責任をなすりつけるのは話が違います。

とは言え、日々の生活の中では色んなことが起きますし、トラブルも多少は仕方ないことですから、「これ自分じゃどうしようもないよー助けてドラえも〜ん」って言いたくなることもありますよね。

そんな時こそ、思い返してください。

「それって他責にしようとしてない?」
「自分の中に変な思い込みがあるんじゃない?」

ということを。

冒頭に僕の例を挙げましたが、他にもよくあるやつをあげておきますね。

・私のことは誰も理解してくれない
・仕事は疲れるもの、楽しんではいけないものだ
・誰も私を愛してくれない
・私のことは伝わらない
・お金を稼ぐと辛い出来事が起きる
・相手に成果をもたらすことができない
・自分で全部やらないといけない
・みんな行動できない
・山があれば谷もあるのが人生だから辛い出来事は仕方ない
・自分が中心になってはいけない
・私が稼ぐと旦那に嫉妬されそう
・自分が自由に生きたら家族に迷惑がかかる

まだまだあると思いますが、この辺にしときます。

これらを見て勘違いしないで欲しいのがこれらの思い込みがある=悪ではありません。

ただ、これらの思い込みによって望んでいない現実が起きてしまうことがあることを認識しておいてもらいたいのです。

自分の潜在的な思い込みが変わるだけで現実は思い通りに進み始めます。

そのためにまず、大事なことは自分の思い込みに気づくこと。

そして、その気づくきっかけが自分じゃない誰かや何かの責任にしようとしてしまう瞬間です。

愚痴を言いたくなったら自分の思い込みを疑いましょう。

人のせいにしたくなったら自分の思い込みを疑いましょう。

何か自分にとって不都合な出来事が起きたら自分の思い込みを疑いましょう。

全ては自分が作っているなんてよく言われますが、本当にそうですよ。

自分を正しく使いこなせば、現実も自分の思い通りに近づいてきます。

ということで、思うようにいかないことがあったら自分の中の思い込みや前提をぜひとも疑ってみてくださいね。

あなたの思い込みを外して飛躍するきっかけが見つかるかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  2. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  3. この世界に正解を求める人々へ
  4. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口

関連記事

  1. ブログ記事

    才能を発揮できる人、発揮できない人

    どうも、山本です。才能を発揮したいというのは万人に共通する1つ…

  2. ブログ記事

    過去の黒歴史から学ぶ今を本気で生きる方法

    どうも、山本です。いきなりですが、5秒ほど時間をとって過去の恥…

  3. ブログ記事

    売上を上げるための前準備

    どうも、山本です。ズバリ、売上を上げるために何をすべきかの話を…

  4. ブログ記事

    ビジネスの設計図(簡易版)の作り方

    どうも、山本です。色々な種類のビジネスに関わらせていただく中で…

  5. コピーライティング

    キャッチコピーの考え方

    どうも、山本です。キャッチコピーの考え方という話に入っていくの…

  6. ブログ記事

    現代人が侵されている致命的な病気 その2

    どうも、山本です。前回の記事では「想像力欠乏症」が私たちを襲っ…

  1. ビジネス分析

    なぜ、高単価サービスが流行ったか?
  2. ブログ記事

    修羅場の数だけ強くなれるよ♪
  3. ブログ記事

    仁義なき戦い〜スーパーのお菓子売り場にて〜
  4. ブログ記事

    投資視点で考えられてますか?
  5. コピーライティング

    実は使い物にならない!?コピーライティングの闇
PAGE TOP