ビジネス分析

長く続く起業家の戦い方

どうも、山本です。

あなたはこれから先の未来に危機感を感じていたりしませんか?

先日まで、これから時代の流れが変わって集客難しくなるよとか時代の流れに取り残されるよとかメルマガ内でも色々言ってきましたし、僕も危機感を感じてるといえば感じてます。

そこで思うに、危機感を感じること自体は正常な反応なのですが、その危機感によって多くの人が間違ったアプローチをしてしまいます。

間違ったアプローチをやると時間もお金も無駄にすることになり、最悪の場合にはひっそりと消えていくことになります。

そうならないために考えるべきことを今日はお話していきます。

集客の事例を元に話を進めていきますね。

まず、「集客の媒体」というとどんなものを想像しますか?

特に引っ張る理由がないので答えを言いますが、HP、ブログ、メルマガ、LINE@、Facebook、インスタ、WEB広告、チラシなどの紙媒体、ポータルサイト、紹介、クチコミなどです。

で、例えば、「時代の流れが変わって集客の仕方が変わってきた今の集客方法では遅かれ早かれ集客できなくなる!」と有名な起業家の方が危機感を煽って来たとします。

これは2年くらい前に実際に起きていた話ですが、「これからの時代メルマガは終わる!次はLINE@が来る!」と言っている有名起業家の方々が結構いました。

2年経った今、蓋を開けてみるとLINE@は確かにスタンダードなツールにはなったものの、メルマガの販売力にはまだまだ及んでいません。

というかこれからも及ばないと思います。

でも、有名起業家に「これからの時代メルマガは終わる!次はLINE@が来る!」なんて言われた日には結構な数の方々が、「やばい!今、メルマガしかやってない!LINE@やらなきゃいけないのかな、、、」と心配し始めます。

すると、その有名起業家の方がLINE@に関するセミナーや教材の販売を開始します。

そして、心配している人たちはそのセミナーや教材を購入し勉強し始めます。

まず、ここでこの教材を販売した人たちは収益を獲得していきます。

で、振り回されている人は勉強はするもののやっぱり分からないと言って諦めたりします。

また、「次はLINE@の時代だ!俺はこれで成功するぜ!!」なんて鼻息荒く、LINE@を使用したビジネスに着手し失敗していったりします。

あと、着手しなかった方は「私もLINE@やらないといけないのかな、、、」と無用な心配をし始めます。

ちゃんとやりきった人は成果を獲得していきますが、大多数の人は成果を取ることができません。

そして、また別の有名起業家の方々が「LINE@の次はInstagramマーケティングだ!」なんて言い出します。

すると、先ほどと同じようにまた教材やセミナーを販売します。

心配している人たちもまた先ほどと同じように教材やセミナーを購入します。

乗り遅れたと感じる人は「私もインスタやらないといけないのかな、、、」なんて無用な心配をし始めます。

教材やセミナーを販売した有名起業家はここでも収益を獲得していきます。

そして、購入者側の大多数はまたしても技術をモノにできずに時間とお金を無駄にします。

で、ここからが本番です。

冷静に振り返ってみると、次はLINE@だInstagramだなんていっていた有名起業家達は今もメルマガを続けているじゃありませんか!!

というか、メルマガでを通してLINE@、Instagramの教材を販売しているじゃありませんか!!!

確かにLINE@もinstagramマーケティングも有効な手段ですし、教材もきっと役に立ちます。

だけど、結局メルマガなんです。

メルマガを使いこなすことによって収益を獲得し続けているのです。

先に断っておきますが、この話で勘違いして欲しくないのが、

”メルマガは最強のツールそしてLINE@やInstagramはやっぱり違う”

ということが言いたい訳ではありません。
(今の所、メルマガが最強なのは事実だけどw)

なぜ有名起業家の方々が売れ続けているのか?を考えてほしいのです。

ここには2つのポイントがあると思っています。

長く売れ続けるための2つのポイント

1:基本に忠実でいること
2:影響力を身につけ顧客を維持し続けていること

この2つです。

1つずつ解説しますね。

基本に忠実でいること。

これは僕の見解ですが、廃れてきていると言われるFacebookやアメブロもまだまだ集客できると思ってます。

僕もこれらのメディアの力が弱まるとか言ってますが使いこなせる力がある人にとっては何の問題もなく集客できると思います。

世の中の大半の人が情報に流されて新たなやり方に注目したり迷っている途中で長く続いている人は基本をやり続けます。

そして、その基本の手段を使って成果を取っていきます。

だけど、ほとんどの人は迷いながらその手法を使うことで中途半端な発信になり、成果を取ることができません。

また、一発屋の人は今やっている方法を捨て、最新のノウハウに走ります。

その瞬間は売上も大きく作れますが、その後サクッと消え、新たなチャンスを伺っていますw

短期的な成果を取るだけなら一発屋のような動きも有効でしょう。

しかし、長期的に発展するためには最新のノウハウ、テクニックを追いかける一発屋思考ではダメなのです。

それに、新しい情報に振り回されて足を止めてしまう迷子の子羊ちゃん現象もいけてません。

長続きするためには情報として新しいことを取り入れたりテストはやってみるけど、基本的なことはやめずに続けるのです。

長く業界に残ってる人は足元を盤石に固め続けて地道に右肩上がりの成果を取っています。

影響力を身につけ顧客を維持し続けていること

先ほどの基本に忠実でいることの延長線上にあるものですが、長く続けている方々は影響力を持ちファンもいます。

例えば、中身が全く同じの2つの手作り弁当があるとします。

全く見ず知らずの人に道端で手作り弁当を手渡されたら怖くて食べれないと思いますが、愛する奥さんが作ってくれた弁当だと分かっていたら抵抗なくというか喜んで食べれますよね。
(関係が冷え切っている等の例外はありますww)

これはビジネスでも同じです。

同じ商品、サービスでも関係性があれば販売するのは難しくないのです。

そこで期待を裏切ってしまえばファンがいなくなりますが、ファンの期待に応える努力をし続ければファンの方はずっとファンでいてくれます。
(ここの詳細はまた別の機会にかきます。)

そして、長く続いている起業家の方々はほぼ例外なく固定のファンがいます。

ビジネスの内容的に固定顧客がつかないパターンもありますが、長生きする人はファンによってビジネスを成立させています。

で、ファンを増やす段階で必要になってくるのが、先ほど挙げた基本に忠実でいること。

やることがコロコロ変わる人は安心して見てられませんし、ファンの方もついていけません。

何か新しい流行が出るたびに新しいものを買っていたのではお財布も持ちませんw

逆にずっと基本に忠実でいることで地に足がついたイメージが出ます。
(イメージというか事実ですが)

ブレない姿勢を持って成果を出し続ける姿勢が、影響力に変わりファンがついていきます。

まとめ

*売れ続けられない人や挫折する人、一発屋で終了する人
→危機感を感じた時に不確実なチャンスに飛びつくか迷って行動を止めてしまう。

*売れ続ける人
→危機感があっても不確実なチャンスだけに飛びつくことはせずテストしながら結果が出るかを模索する。

その間自分の基盤は崩さず、地道に成果を出し続ける。

その姿勢がファンを生み出し、さらに大きな成果を作っていく。

こんな感じかと思います。

時代の転換期というのは事実かと思いますしこれからますます情報の質も量も増えていくことでしょう。

だけど、焦ってチャンスばかりを追求してしまうと撃沈します。

もちろん、やり方を変えることも状況次第では必要になりますが、むやみやたらにチャンスに飛びつかず、冷静に状況を見極めながら自分の生き方を確立していくことがきっと長続きする起業家になる秘訣なんじゃないかと思います。

さて、あなたは何を大事にしてこの先も生き残っていく道を選びますか?

ピックアップ記事

  1. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  2. この世界に正解を求める人々へ
  3. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  4. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力

関連記事

  1. ビジネス分析

    ノドグロに学んだブランドの威力

    どうも、山本です。2019年、年明けに金沢旅行に行ってブランド…

  2. ブログ記事

    集客できない5つの原因

    どうも、山本です。集客できないっていうのは、よく聞く話ですが、…

  3. ブログ記事

    成果が最も出る瞬間

    どうも、山本です。超シンプルだけど、これ以上はないな。と思うこ…

  4. ブログ記事

    紹介を増やす特効薬

    どうも、山本です。僕は独立9ヶ月目の時に1ヶ月の間に8人の方(…

  5. ブログ記事

    勇気を手にいれるには?

    勇気を手に入れるには?どうも、山本です。ここ最近の僕の…

  6. ブログ記事

    思い込みによって引き起こされる大きな損失

    どうも、山本です。知らず知らずの内に人って自分のことを諦めてし…

  1. チームでの働き方

    チームの生産性を上げる6つのポイント
  2. ブログ記事

    つまみ食いばかりしてませんか?
  3. ブログ記事

    仁義なき戦い〜スーパーのお菓子売り場にて〜
  4. ブログ記事

    現実は残酷である
  5. ヒアリング・リサーチ

    見込み客目線最強説
PAGE TOP