ブログ記事

数字の「1」を侮るな!

どうも、山本です。

今日のテーマは僕の本業の1つである、マーケティング・セールスの改善について。

売上を上げるための仕事なのですが、僕が基本的にやっていることは、各ポイントごとの数字を少しずつ伸ばしていくことだけです。

例えば、セミナーを例にとりましょう。

・告知からの申し込み数
・告知ページの申し込み率
・申し込み後の入金数
・申し込み後の入金率
・入金後のセミナー参加数
・入金後のセミナー参加率
・セミナー参加者のバックエンド成約数
・セミナー参加者のバックエンド成約率
・バックエンド成約後の入金数
・バックエンド成約後の入金率
・バックエンド成約後のキャンセル数
・バックエンド成約後のキャンセル率

連動しているものもありますが、こんな感じで細かくフェーズごとに分けて数字を追いかけていきます。

そして、各フェーズの数字を伸ばすための施策を打ち出し実行していきます。

ひたすらこれの繰り返し。

例えば先ほど例に挙げたセミナーで50万円の商品を扱っているとします。

その時に、バックエンド成約後のキャンセル数を1つ減らすだけで売上が50万円増えます。

また、申し込み後の入金数を1つ増やすことで、その1人がバックエンド成約すればこちらも50万円の売り上げが増えます。

もし、申込数が1000とか2000とかの商品であれば1%の改善でもかなり成果にインパクトがあります。

どちらも単純な計算ですが、この1つの数字、1%の数字をしっかりと追いかけている人は非常に稀です。

売上を伸ばしたいと言ってる割になぜかみんな無頓着なんですよね。

セミナーを例に挙げましたが、他の業種でも一緒です。

リピートがあるサービスであれば、リピート率をひたすら上げることに注力し、紹介が多い人なら紹介が増えるようにひたすら施策を打つ。

やることが分からないと言う方も多いですが、売上を上げることってビジネスのプロセスを分解してみるとすごくシンプルなんですよね。

このシンプルな方法に基づき、1%、1件と言う数字にこだわっていれば売上は伸ばせます。

(全て見落としなくやるには過去のデータ分析や準備も含め時間がかかりますが、、、)

で、この方法、具体的にやることはこの手順です。

数字改善のステップ

①ビジネスのプロセスを分解する
→上記のセミナーからバックエンド成約の 流れみたいなイメージ

②現状のプロセスごとの現状の数字を把握する
→申し込み率50%入金率80%みたいな感じで過去から今までの数字を単純に出す。

③伸ばす箇所を決める
→一番成果に対してインパクトがある部分を選ぶその数字を伸ばせば他の売上が上がる部分

④施策を決める
→現状50%の入金率を70%にするには?と言う感じ

⑤決めた施策を実践

⑥実践結果の振り返りと改善

⑦ ③〜⑥の流れを繰り返す

以上です。

現状の分析が大変だったり施策を打ち出すのにはコツがいりますが、基本的にはこれだけです。

見ての通り、すごく地味なんでみんなやりたがらないんですが、これをやるだけでも結構売上は伸ばせます。

個人でやってて月の集客が3人とか5人の人でも同じです。

やるかやらないかは自由ですが、やれば売上上がりますからね。

これはどの業種でも共通の概念です。

僕もまだまだ見逃したり、できることをやり尽くせたりはしてないのですが、1にこだわれば地道にでも成果はついてきます。

日頃から意識するだけでもかなり違います。

数字を出したい人はぜひ試してみてください。

日頃から1の数字にこだわってますか?

ピックアップ記事

  1. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  2. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  3. この世界に正解を求める人々へ
  4. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた

関連記事

  1. コンテンツ作り

    LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口

    どうも、山本です。LTVという概念はご存知でしょうか?…

  2. ブログ記事

    この世界に正解を求める人々へ

    どうも、山本です。僕はプロデュース、コピーライティングという仕…

  3. ブログ記事

    形にならないアイデアを形にする最大の秘訣

    どうも、山本です。・やりたいことがあるけど形にならない・ア…

  4. ブログ記事

    社会が便利になるほど人はバカになる

    どうも山本です。毎日毎日社会はどんどん便利になっていきます。…

  5. ブログ記事

    提案力を上げるために今すぐできること

    どうも、山本です。ビジネススキルとして外せない力の1つに営業力…

  6. コピーライティング

    キャッチコピーの考え方

    どうも、山本です。キャッチコピーの考え方という話に入っていくの…

  1. ブログ記事

    投資視点で考えられてますか?
  2. ブログ記事

    顧客リストの資産価値に注目せよ
  3. ブログ記事

    時間とお金が足りない問題
  4. ブログ記事

    勇気を手にいれるには?
  5. ビジネス分析

    長く続く起業家の戦い方
PAGE TOP