ブログ記事

コンプレックスの使い方

どうも、山本です。

吉本の芸人、池乃めだか師匠をご存知でしょうか?

吉本新喜劇を中心に「ちっさいおっさん」として不動のキャラを築いています。

ちなみに身長は145cmでくいだおれ人形よりも低いそうですw

対してL’Arc〜en〜Cielのボーカルhyde。

彼も低身長です。

ネットを調べるとかな〜りいじられているのですが、身長は156cmだそう。

156(イチコロ)と覚えてくださいとまで書かれていますが、彼は身長を公表せず、なんならシークレットブーツを履いて活動しているそうです。

彼らに共通するのは低身長ということ。

だけど、hydeはそれを隠し、めだか師匠は全力でネタにしています。

その結果、hydeの身長ネタは影でネタにされて笑われる始末。

対してめだか師匠はすごく愛される存在になっています。

ハゲでも同じ。

隠してバーコードとかヅラをかぶれば思いっきりネタにされ、「ハゲたからスキンヘッドにしたねん」とか「俺ヅラ被ってんねん」とかお辞儀をした後に相手が何もリアクションしなくても「見たな?誰がハゲやねん!」とか言っとけばハゲキャラとして愛される存在になれます。

小さかったら、特に見下されてなくても「今、見下しましたよね?ねー?誰がチビやねん!」でネタになります(笑)

余談ですが、「誰が〇〇やねん!」は基本的に笑いを取りやすいです。(※山本調べ)

話を戻しますが、何が言いたいかというと、

「コンプレックスは堂々と前に出した方が愛されキャラになりやすいし覚えてもらいやすい」

ということです。

例えばですが、ヅラをかぶった人が初対面の挨拶でいきなりヅラを外して挨拶してきたら一生忘れなさそうですよね(笑)

コンプレックスだから出したくないんだよ!と思うかもしれませんが、逆張りの思考が大事です。

自分が隠してるつもりでも結局バレて陰口叩かれますからね。

「あの人、必死に横に流してるけど絶対禿げてるよね。」

「本人の前で言えなかったけど、超チビだったよね。」

なんて。

あー怖い。

それなら堂々と出して盛大に笑いものになった方が人生楽しそうじゃありませんか?

と、こんなこと語ってる僕は大きなコンプレックスがないのですが。
(強いて言えば滑舌が良くないことですww)

でも、これは間違いなく自分のキャラクターを確立するために効果を発揮するので、勇気がある方は試してみてください。

コンプレックスは大げさに使うべし!

さて、もしあなたがコンプレックスを持っているとしたら、どう使いますか?

ピックアップ記事

  1. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  2. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  3. この世界に正解を求める人々へ
  4. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた

関連記事

  1. ビジネス分析

    豪華客船でのカリブ海クルーズで学んだこと

    どうも、山本です。2019年3月にアメリカに約10日間の旅行&…

  2. ブログ記事

    ビジネスの設計図(簡易版)の作り方

    どうも、山本です。色々な種類のビジネスに関わらせていただく中で…

  3. ブログ記事

    顧客リストの資産価値に注目せよ

    どうも、山本です。顧客リストの資産価値って考えたことがあります…

  4. ブログ記事

    思い込みによって引き起こされる大きな損失

    どうも、山本です。知らず知らずの内に人って自分のことを諦めてし…

  5. ブログ記事

    今さら聞けないマーケティングの基本

    どうも山本です。僕が考えるマーケティングの基本はブログでもメル…

  6. ブログ記事

    つまみ食いばかりしてませんか?

    どうも、山本です。起業してみて痛感することがあります。…

  1. ブログ記事

    才能を発揮できる人、発揮できない人
  2. チームでの働き方

    あなたの期待が誰かを潰しているかもしれない
  3. ブログ記事

    自分の立場を明確にする
  4. ビジネス分析

    お笑いとビジネスの関係性
  5. ブログ記事

    マトリョーシカじゃあるまいし
PAGE TOP