ブログ記事

「私にはできません」と言い切ったら興味を持たれる件

どうも、山本です。

僕はヒアリングや営業のシーンでよく「それは僕には無理ですね」「お力にはなれません」という言葉を口にします。

一見、それを言うと商談は終わるような気もしますが、あえてこの言葉を使うことで成約率を上げることに成功しています。

営業=売ることというのはまあその通りなのですが、それだけではありません。

売ることで相手の抱える問題を解決するきっかけを作るのです。

そして、実際のサービスで問題解決のお手伝いをします。

とすると、営業=相手の問題解決となります。

そう考えた時に、「売れればいいや!」と言う気持ちであれば、「それは僕には無理ですね」と言う言葉は出てきません。

なぜなら、売ることが中心になるのでなんとか売ろうとしてしまうから。

でも、問題解決を軸に考えた時に、自分がその問題を解決できないのなら、潔く「できない」と言ってしまった方が双方にとってメリットがあります。

相手は解決されない問題のためにお金を払うことはないし、自分も解決できない問題のために苦しむことはないから。

だから潔く「できません」と言うのです。

で、「できません」と言うと多くの場合、相手から「じゃあどうすればいいと思いますか?」と意見を求められるので、そこで自分が思っている解決策を伝えます。

ここで解決策が思い浮かばないのならもちろん伝える必要はありません。

ただ、何か力になれる部分があるのなら、それを自信を持って提案します。

そうすると、だいたい相手は興味を持って検討してくれます。

また、このプロセスを踏むことでただの御用聞きではなく、相手に意見を通せるポジションにランクアップできます。

結論、なんでもそうですが、やっぱり正直に言った方がうまくいくもんです。

セールスが上手くいかない方や嫌な仕事を獲得してしまったことがある方はこの方法を参考にしてみても良いかもしれません。

そうすることで自分も相手も喜ばせる仕事につながっていきますから。

ただ、これができるようになるためには、自分の中で「できること」「できないこと」を明確にする必要があります。

つまり、「自己理解」の促進ですね。

この「自己理解」については長くなりそうなので、また別の記事に書きます。

「できません」と言い切ることも仕事を上手くいかせる秘訣です。

ピックアップ記事

  1. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  2. この世界に正解を求める人々へ
  3. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  4. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力

関連記事

  1. ブログ記事

    言いたいことが言える世の中になったのに、、、

    どうも、山本です。反町隆史の名曲「POISON」はご存知でしょ…

  2. ブログ記事

    形にならないアイデアを形にする最大の秘訣

    どうも、山本です。・やりたいことがあるけど形にならない・ア…

  3. ヒアリング・リサーチ

    見込み客目線最強説

    どうも、山本です。何かに集客したり販売するときに「告知してみた…

  4. ブログ記事

    金で魂売るべからず

    どうも、山本です。なかなか物騒なタイトルになってしまいましたが…

  5. ブログ記事

    USPとかポジショニングはいらない!?

    どうも、山本です。この業界にいるとよく聞く言葉、USP、ポジシ…

  6. ブログ記事

    コンプレックスの使い方

    どうも、山本です。吉本の芸人、池乃めだか師匠をご存知でしょうか…

  1. ブログ記事

    立てー、た、立つんだジョーーー!!
  2. ブログ記事

    実績のジレンマ
  3. ブログ記事

    素人でもそれなりにまとまったLPを作る方法
  4. ブログ記事

    数字の「1」を侮るな!
  5. ブログ記事

    具体的な営業ステップ
PAGE TOP