コンテンツ作り

お客様に欲しがられるサービスを作る

どうも、山本です。

自分のサービスに絶対の自信を持てていますか?

「これなら〇〇さん(お客様)のお役に立てる!」と言い切れますか?

もし、これに対して

”100%YES”

でなければ今日の内容はあなたのお役に立つことができるでしょう。

で、なんで今日はこのテーマを書こうと思ったかというと、数多くの個人〜中小企業の経営者の方にお会いする中で、「サービス力」を高めることにフォーカスしている人が少ないと感じたからです。

多くの人が集客やセールスという「売る」行為に集中し、それでビジネスをうまくいかせようとしているように思います。

もちろん、集客やセールスも超超超大事なのですが、それよりもさらに「サービス力」の方が圧倒的に大事です。

なぜなら、お客様の人生に貢献するのは「サービス」だからです。

そのサービスを磨かずしてビジネスをうまくいかそうとするのはただの金儲け。

ただの金儲けに賛同してくれる人はそう多くはありません。

それにサービスが本当に良くないとお客様は長続きしません。

一回限りで終わってしまうのです。(←この失敗は経験済みです(苦笑))

たとえ、集客やセールスが上手くても。

だから、サービス力を磨くのです。

で、今日はそのサービス力を磨くためのヒントをお届けしようと思います。

いくつかの質問を用意しておりますので、その質問に答える形であなたのサービスを見直していただければと思います。

では、早速質問に入ります。

上から順番に答えていってください。

お客様に欲しがられるサービスの作り方

質問1:

あなたのことを好きでいてくれるお客様やヘビーリピーターを思いつくだけ書き出してみてください。

質問2:

彼・彼女らが共通して望んでいることを書き出してみてください。

質問3:

彼・彼女らが共通して悩んでいることを書き出してみてください。

質問4:

彼・彼女らが質問3の悩みを解決し質問2の望んでいる状態になるためにあなたは何ができますか?

今のサービスの中に何をプラスすれば理想の状態は実現されますか?

質問5:

ここまでの質問の回答をまとめてください。

・何をプラスしますか?(いくつもあってもOK)
・なぜ、それは効果的なのですか?
・それを導入するとサービス内容はどう変わりますか?
・どれくらいの時間や期間が追加で必要ですか?
・価格はどうなりますか?

以上です。

ザクッと質問だけ書き出してみましたが、もし、サービス力に自信がない方はこれを書き出してみてください。

普段当たり前のように提供しているサービスも見直してみることで意外と弱点が見つかったりもっと伸ばせる強みが見つかったりします。

弱点をカバーし、強みを強化する。

これはどんな分野においても大事なことですが、サービス力強化においてももちろん有効です。

いいサービスを提供し続けられる人が長く生き残る人なはずですのが、サービス力を高めることは常に頭に入れておけるといいんじゃないでしょうか?

みんながよりいいサービスを提供できるようになれば自然とビジネスはもっと上手くいくはずです。

ピックアップ記事

  1. この世界に正解を求める人々へ
  2. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  3. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  4. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口

関連記事

  1. ブログ記事

    ビジネスの設計図(簡易版)の作り方

    どうも、山本です。色々な種類のビジネスに関わらせていただく中で…

  2. ブログ記事

    もう一段階自分を成長させたい時に生まれる障害

    どうも、山本です。「突き抜けたいんです」「生活が成り立…

  3. チームでの働き方

    一人でできなくてもいいもん!

    どうも、山本です。タイトルはお気づきの通り、某テレビ番組のパク…

  4. ビジネス分析

    長く続く起業家の戦い方

    どうも、山本です。あなたはこれから先の未来に危機感を感じていた…

  5. ブログ記事

    社会が便利になるほど人はバカになる

    どうも山本です。毎日毎日社会はどんどん便利になっていきます。…

  6. ブログ記事

    僕が自意識過剰だった頃の話

    どうも、山本です。僕は他者評価と自己評価のズレに思いっきり悩ん…

  1. ブログ記事

    現代人が侵されている致命的な病気 その2
  2. コンテンツ作り

    お客様に欲しがられるサービスを作る
  3. ブログ記事

    マトリョーシカじゃあるまいし
  4. ブログ記事

    紹介を増やす特効薬
  5. チームでの働き方

    「早い!、安い!」が失敗の元
PAGE TOP