ブログ記事

現代人が侵されている致命的な病気 その1

どうも、山本です。

近年、強大な病気が世の中に蔓延しています。

この病気のせいで夢を持てずに理想も実現できずにいる人がたくさん増えています。

僕も重症ではないと思いますがその病気の患者の一人です。

ちなみに、この病気の正体、僕が日頃から悩まされている肩こり、首こり、関節痛、、、ではありません(笑)

この病気の正体はこれ。

「想像力欠乏症」

意味は文字通りです。

大昔から現在に至るまでの文明は人の想像力により生み出されてきたと感じるのですが、あまりにも文明が発展してきた結果、人の想像が比較的容易に現実化する時代になりました。

特にインターネット検索なんかは人間の想像力を奪う最たる例かと思います。

何か疑問が浮かんだ時、昔は答えを想像したり答えが出るまで問答を繰り返していたところが、今は想像するまでもなく検索すれば大体の答えは出てきます。

また、今の日本に住んでいると、生死に関わることも病気や事故以外では基本的にはありません。

そして、会社は事業がうまくいくように基本的にはシステム化されていて、幹部層やマネージャー層以外は極端な話、想像力を活用しなくても仕事ができてしまいます。

便利になったと言う意味では素晴らしい進化だと思うのですが、そのせいで、僕たち人間の想像力は相当下がってきていると思うのです。

他の動物のことは分かりませんが、人間が成長できた理由の最大のものが想像力なはず。

なのに、僕たちはすごい想像力を持った人々が現実化してきた世界によって逆に想像力を駆使しなくても生きられるようになってしまっています。

だから僕たちは想像すること自体の頻度が下がっているし、想像力の幅も狭くなってきている気がします。

しかし、先ほどもお伝えしたようにこの世界は人間の想像力によって作られてきました。

だから、この想像力が欠乏することである意味、未来の発展がなくなってしまう可能性があります。

世界の発展は誰かすごい人がやってくれるかもしれません。

だけど、あなたの人生をより豊かにするためにはあなた自身の想像力が必要です。

なのに、その想像力が失われやすい世界に生きているのが今の僕たち。

その世界じゃ本当の願いを忘れがちになります。

でも、本当に自分の人生を豊かにしたいなら思いっきりぶっ飛んだ未来を想像してそれを形にしていくのが面白い人生なんじゃないんでしょうか?

僕も昨日、想像力欠乏症に陥っていたことに気づいたので、改めて未来を想像したり妄想したりする時間を作って面白い人生にして生きたいと思います。

あなたが想像する理想の未来は何ですか?

ピックアップ記事

  1. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  2. この世界に正解を求める人々へ
  3. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  4. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた

関連記事

  1. ブログ記事

    言いたいことが言える世の中になったのに、、、

    どうも、山本です。反町隆史の名曲「POISON」はご存知でしょ…

  2. ビジネス分析

    セーラームーンに学ぶブランディング

    どうも、山本です。「ブランディングできたらもっと人気になれそう…

  3. ブログ記事

    「まずは自分でやってみます!」と言われる件

    どうも、山本です。コンサル、コーチ、カウンセラーの方によくある…

  4. ブログ記事

    実績に食いつく人たちの特徴

    どうも、山本です。すごく大事だしあればあるほど有利なのが実績。…

  5. ブログ記事

    「天才」とは何かを考えてみた

    どうも、山本です。天才ってwikipediaによると、「生まれ…

  6. ブログ記事

    人に言えない課題は何ですか?

    どうも、山本です。「思うようにうまくいかない」「なぜか成果…

  1. ブログ記事

    未来を切り開く出川哲朗力
  2. ブログ記事

    知らぬ内に他人の土俵で戦ってないか?
  3. ビジネス分析

    ノドグロに学んだブランドの威力
  4. ブログ記事

    継続サービスは買ってもらえる!なぜならば、、、
  5. ブログ記事

    今さら聞けないマーケティングの基本
PAGE TOP