ブログ記事

人に言えない課題は何ですか?

どうも、山本です。

「思うようにうまくいかない」
「なぜか成果が出ない」
「何かが自分の中で違う、、、」

って時に「この状況を打破するためにどうしよう、、、」なんてことを考えていませんか?

「どうしよう」と考えること自体は大事なことですし、現状を打破するきっかけになるのですが、実は「どうしよう」の前にやることがあるのです。

これができてないと「どうしよう」と解決策を考えてもその解決策が効果のないものになってしまいます。

それは「本当の課題が何かを把握すること」です。

本当の課題じゃないものに対して「どうしよう」と解決策を考えてアクションを打っても意味がないものになってしまう可能性があります。

例えば、本当の課題は集客じゃなく、行動できないことだったとした時に集客を増やすアクションプランを考えるとか集客に対しての行動をしようとすることです。

それだといくら解決策の質が良くても実行されないし根本課題が変わらないので何も解決しません。

でも、僕たちは実際にこのような行動を常に取りがちです。

じゃあ、本当の課題って何なの?

ってなった時にその課題を見つけたい訳ですが、正直、本当の課題がこれだ!と言い切るのはなかなか無理があります。

でも、この本質的課題を見つけ出すことができる可能性がある1つの質問があります。

それが、この記事のタイトルにもしている

「言えない課題は何ですか?」

です。

「言えないから言えない課題なんだよ!」というご意見はありそうですが、私たちは多くの場合、心のどこかでは問題の根幹に気づいているはずです。

でも、その問題を何かしらの理由で存在しないものにしています。

・口にしたら人間的にダメな気がする
・恥ずかしい
・結局自分のせいだし口にしたところで変わらない
・あいつのせいだ!

などなど。

でもこれって臭いものに蓋をしているだけなんです。

耳に手を当ててパタパタしながら「あ゛〜、聞こえない〜」って言ってる子供みたいな状態です。

こうしているうちは問題が解決するはずなんかありません。

臭いものに蓋をしても、結局その問題は取り残されたままだから短期的に改善したように見えても根本からは改善してないんです。

もったいないですよね。

だから、本当に物事をうまくいかせたいのなら人に言えないくらいの本当の根っこの課題まで引っ張り出して現実を直視した上で、「どうしよう」と解決策を考えるのです。

そこから生まれた解決策は本質的課題を解決する可能性のある解決策になるはずです。

もし、

今何をやってもうまくいかない。
人に教えてもらった方法に取り組んでもうまくいかない。
これからどうしよう、、、

なんて考えている方は一度自分に問いかけてみてはいかがでしょう?

人に言えない課題は何ですか?

ピックアップ記事

  1. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  2. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  3. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  4. この世界に正解を求める人々へ

関連記事

  1. ブログ記事

    「まずは自分でやってみます!」と言われる件

    どうも、山本です。コンサル、コーチ、カウンセラーの方によくある…

  2. ブログ記事

    思った以上の現実はどこからやってくるのか?

    どうも、山本です。いきなりですが人生を少しだけ振り返ってみてく…

  3. ブログ記事

    数字の「1」を侮るな!

    どうも、山本です。今日のテーマは僕の本業の1つである、マーケテ…

  4. ブログ記事

    未来を切り開く出川哲朗力

    どうも、山本です。ビジネス活動を広げたくてもSNS、ブログだけ…

  5. ブログ記事

    継続サービスは買ってもらえる!なぜならば、、、

    どうも、山本です。LTVを伸ばすためには継続的にあなたのサービ…

  6. コンテンツ作り

    売れる商品のヒントは「かゆいところ」にある

    どうも、山本です。売れる商品っていくつかの条件があるかと思うの…

  1. ブログ記事

    思った以上の現実はどこからやってくるのか?
  2. チームでの働き方

    一人でできなくてもいいもん!
  3. ブログ記事

    オリジナリティを発揮できない人の特徴
  4. ビジネス分析

    セーラームーンに学ぶブランディング
  5. ブログ記事

    宗教乱立時代に飲まれるな!
PAGE TOP