ブログ記事

知らぬ内に他人の土俵で戦ってないか?

どうも、山本です。

前々からよく言われることなんですが、僕は論理がそんなに強くありません。

全くできないか?というと、そうではないのですが、基本的には論理よりも直感優位です。

なので、定期的に「論理が弱い!」という指摘を様々な方からいただきます。

確かに論理的な思考って社会で活躍したいビジネスマンには必須の能力です。

ここ最近もとある方に指摘していただいたので、重い腰を上げて遂に学びはじめました。

ですが、僕はあくまでも物事を直感的に洞察することから、結果を出すことが強みです。

なので、勉強したとしても、元々論理的な思考ができる人には遠く及びません。

そんな僕がもし論理の世界で戦うとどうなるか?

※論理が弱い

→指摘される
→悔しい思いをする
→何クソ根性で勉強する

→でもまだ指摘される
→悔しい思いをする
→何クソ根性で勉強する

→でもまだ指摘される

※以下、繰り返し

で、思ったような結果を出せずに悩み続けてしまうことになるでしょう。

これって時間の無駄ですよね。

論理の世界で勝負しなければ、強みも発揮できて、欲しい結果も出せるんです。

なのに、人から指摘されてこのままじゃダメだ!と思って自分の土俵じゃない世界で勝負してしまいます。

そして、自信も自己肯定感もダダ下がりします。

可能性を広げるという意味で、いろんな技術を身につけたり他者の土俵に上がり込むのは良いことだと思います。

ですが、他者の土俵に上がり込んでることに気づかずに努力を続けてしまうことで、あなたの強み・魅力が発揮されぬまま時間だけが過ぎ去っていくんです。

もったいないですよね。

なので、〇〇が弱いとか●●ができないとか言われても、自信を失う必要はありません。

それに、もし思うような結果を出せてないとしても、まずはそこは自分の土俵かどうか?を疑うべきなんです。

そこが単純にあなたの土俵じゃなかっただけの可能性が高いです。

仮に他人に指摘されても、憧れの人がいても、その領域に巻き込まれてる場合じゃないですよ。

自分の土俵で戦わないと。

まずは自分の土俵で自分の力を磨きましょう。

そしたら、他人の指摘や他人の意見に惑わされなくなりますから。

ということで、ぜひ考えてみください。

あなたの土俵はどこですか?

どこなら自分の力を最大限に発揮できますか?

最後に注意点をお伝えしておきますね。

何にも挑戦せずに自分の土俵を見つけることは不可能です。

自分の強みを知って満足する人いますが、知るだけじゃ自分の土俵は作れませんよ。

色々失敗したり悔しい思いをする中で自分にとってのしっくり来る場所が作られていく感覚です。

ちなみに僕ももっとしっくり来る場所がある可能性もあるので、基本的には今の事業に軸足を起きながら様々なことに挑戦してます。

ピックアップ記事

  1. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  2. この世界に正解を求める人々へ
  3. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  4. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた

関連記事

  1. チームでの働き方

    一人でできなくてもいいもん!

    どうも、山本です。タイトルはお気づきの通り、某テレビ番組のパク…

  2. チームでの働き方

    チームの生産性を上げる6つのポイント

    どうも、山本です。チームで働くことを僕は推奨しているし、僕自身…

  3. ブログ記事

    「まずは自分でやってみます!」と言われる件

    どうも、山本です。コンサル、コーチ、カウンセラーの方によくある…

  4. ブログ記事

    実績のジレンマ

    どうも、山本です。特にセミナー、コーチ、コンサル系の市場にあり…

  5. ブログ記事

    脱・完璧主義のススメ

    どうも、山本です。やりたいことがあるのに状況が整わずに進められ…

  6. ブログ記事

    紹介を増やす特効薬

    どうも、山本です。僕は独立9ヶ月目の時に1ヶ月の間に8人の方(…

  1. ブログ記事

    勝手にプレッシャー問題
  2. ブログ記事

    紹介を増やす特効薬
  3. ブログ記事

    もう一段階自分を成長させたい時に生まれる障害
  4. コンテンツ作り

    LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  5. ブログ記事

    出したいもの全部出せてますか?
PAGE TOP