ビジネス分析

ノドグロに学んだブランドの威力

どうも、山本です。

2019年、年明けに金沢旅行に行ってブランドの威力を感じることがあったので、それについてまとめてみます。

あなたもご存知かもしれませんが、石川県(金沢)=ノドグロが有名というのが年々一般化して来てますよね。

ご多聞にも漏れず、僕もノドグロのお造りとお寿司を頂いた訳ですが、味はマジで美味しいです。

一貫で幸せな気分になれました(笑)

脂が最高にうまいです。

で、そんな地場産のノドグロはスーパーで売ってるアジの開きくらいのサイズで3000円します。

普通に考えると、めっちゃ高いですよね。

ただ、美味しい&金沢と言えばコレと言うこともあり、観光客がみんなノドグロに群がります(笑)

するとどうでしょう。

市場の土産物屋に並んでいるのが、ノドグロの干物ばかりじゃありませんか!!

ただ、値段を見るとあら不思議。

小さいノドグロ3匹入りの干物で1500円とかしかしません。

どういうこと??

と思ってよく見てみると、そのノドグロは地場産ではないのです。

国内でも西の方で取れたものとか韓国で取れたものが安価なノドグロとして販売されていました。

金沢駅近くの近江市場をぶらぶらしてたのですが、ほぼ全店が他県産のノドグロしか取り扱っていません。

ですが、店頭に大々的に、しかもかなりの面積を占めているということは、かなり売れ行きが良いということでしょう。

”ノドグロ=石川県(金沢)で有名な高級魚”

というイメージが浸透しているため、「それがこんな値段で買えるんだ!」と錯覚して買う人が多いと推測できます。

また、地場産は手頃な値段では買えないため、土産需要の得やすい他県産を扱っているとも想定できます。

実際、一件だけ地場産を扱っている店があったのですが、他の店よりも売り場面積は少なく、ほんの少量しかノドグロを販売しておりませんでした。

しかも、ノドグロ+αの干物セットで最低6900円〜と土産にしては手頃ではありませんでした。

で、なぜ僕がこの話でブランドの威力を感じたのかというと、国産でもルートを変えれば3匹1500円で販売できるような代物が、金沢の地場産になるだけで3匹1500円のと同じくらいのサイズで1匹3000円になるというところ。

石川県のブランドとして確立されているだけで同じ魚なのに市場価値が6倍なのです。

漁獲量とかにもよるでしょうが、基本的に原価はそこまで変わらないかと思います。

でも、実売価格は他県産と地場産で6倍の差。

脂の乗り方が違うなどはあるそうですが、それにしても違いすぎだと思います。

ちなみに、ノドグロは元々、地元でも美味しいと有名だったそう。

ただ、

・十数年前に一度TVに取り上げられたこと
・テニスの錦織選手がノドグロを食べたいとテレビで発言したこと

と大きく2度テレビで取り上げられたことで一気に価値が高まったとのこと。

ちなみに錦織選手がノドグロ食べたいと言った時は市場価格が20%も上昇したみたいです。(笑)

元々はそこまで高価じゃなかったものが、マスメディアとインフルエンサーの力でブランドとしての地位を確立した素晴らしい事例だと思いました。

ここまでの話をまとめて、なぜノドグロの価値が高まったのか?を整理してみます。

価値が高まった4つのステップ

1:元々美味しい魚である(ただし認知がない)
需要=供給、需要<供給

2:口コミが広がりメディアに取り上げられる
需要 ≧ 供給

3:インフルエンサーに取り上げられて広まる
需要>>供給

4:元々美味しい魚なので良い口コミが広がりブランドとしての価値が確固たるものになる。
需要>>>>供給

このようなステップで高単価で販売できるブランドに育ったと言えるでしょう。

ノドグロはいいものは広がることを見事に体現している商品だと感じました。

これは僕の仮説もだいぶ入ってますが、身近なものを分析するだけでも相当勉強になると思うので、何か流行っているものがあれば、それを参考にしてみるのも面白いかもしれませんね。

ピックアップ記事

  1. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  2. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  3. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  4. この世界に正解を求める人々へ

関連記事

  1. ブログ記事

    表面的な言葉の魔力

    どうも、山本です。SNSやブログ、メルマガなど誰かの発信を見る…

  2. ビジネス分析

    ビジネスに安定感がある人の共通点

    どうも、山本です。多くの人たちに関わっている中で分かったことで…

  3. ブログ記事

    「天才」とは何かを考えてみた

    どうも、山本です。天才ってwikipediaによると、「生まれ…

  4. ブログ記事

    現実は残酷である

    どうも、山本です。現実が変わらない人、行動できない人が行動でき…

  5. ブログ記事

    ノウハウを効果的に活用するために

    どうも、山本です。ノウハウだけって本当に意味がありません。…

  6. コンテンツ作り

    お客様に欲しがられるサービスを作る

    どうも、山本です。自分のサービスに絶対の自信を持てていますか?…

  1. チームでの働き方

    「早い!、安い!」が失敗の元
  2. ヒアリング・リサーチ

    地上最強のマーケティングとは?
  3. ブログ記事

    マトリョーシカじゃあるまいし
  4. ブログ記事

    知らぬ内に他人の土俵で戦ってないか?
  5. ブログ記事

    現代人が侵されている致命的な病気 その1
PAGE TOP