ブログ記事

女装レポ~可能性を感じることをやってみる~

どうも、山本です。

2018年12月某日、男性3人で全力出して女装してきましたw

写真はこちら

・自撮り
http://7865a255b005893b.main.jp/S__9846786.jpg

・3人写真
http://7865a255b005893b.main.jp/20181219_181220_0020.jpg

過去に女装は学生の頃にノリでやってみたことはあるのですが、その時よりも今回は本格的な女装専門店で女装してもらいリッツ・カールトンで優雅なアフタヌーンティーを楽しんできました。

フリル付きのトップスにふんわりしたスカート、ロングブーツ、ゆるふわ巻き髪で完全に女子仕様に仕上げていただき大満足(笑)

ちなみに今回の女装の目的は「女の子になりたい」という変身願望を満たすことです。

女の子になってみたら、何を感じ、どういう行動を取るのか?を男3人で実験してみました。

そこで感じたことを3つくらいの視点からシェアしますね。

視点1:上っ面の感想

・毎日化粧するとか大変すぎる

・3cmくらいなのにヒールで歩くのは大変
女性と一緒に歩くときは歩くスピードをゆっくりにした方がいい理由がはっきりわかりましたw

・意外と可愛く仕上がる
僕以外の2人はお母さんに似たと言ってましたw

・変身中の変態さは公開できないレベルでエグいです。

・ヒゲを隠すために赤い口紅を肌に直接塗る
開発した人すげーw

・トイレが大変
男子トイレは怪しいし、女子トイレに行くのもよろしくないそうなので、使えるトイレは多目的トイレ限定でした。

なかなか大変な生き方だと思います。

・声出さないと意外とバレない

・女性に優しい人は結構多いかも?
アフタヌーンティーにお付き合いいただいた女性陣と合流する前のわずか30分程度の待ち合わせで2回も席を譲ってもらえました。

僕たちが怖かっただけかもしれませんw

視点2:体感覚の変化

見た目だけじゃなく心理的な変化が意外と大きかったです。

・上下セットの下着装着&メイク&ウィッグ
これで一気に気持ちが女子になる

恥ずかしさはほとんどありませんでした。

ただ、メイクオフ&下着を外すとどれだけ女性の格好をしていてもとても周りの目線が気になり怖かったです。

・いつも使っている男性的な思考力が使えなくなる
基本的にはアイデアが出やすい僕ですが、女装中は全くアイデアを出すことができませんでした。

男性は目的達成型の思考が強いと言われますが、そう言われる理由がなんとなく分かった気がします。

・もっとキャピキャピできると思ってたけど穏やかに過ごしたくなる気持ちが強まった。
普段の疲れをリセットしたかったのかもしれません(笑)

・周りの目線は気にならない
電車の中で話をしてるときはジロジロ見られたりしましたが、意外と気になりませんでした。

なりきって堂々としてれば全く怖いものはありませんでした。

・友情が深まるw
今回は3人で女装したのですが、謎の一体感が生まれました。

人と違うことをやるときは明確に目的を持って進めれば共感してくれる仲間が現れるということを強く体感できる機会になりました。

視点3:女装というマーケットについて

・今回メイクしてくださった方によると女装に対してもっとも需要が高いのは50代の男性だとのことです。

奥さんに内緒でひっそりと訪れて日常のストレスを発散したり普段の自分から抜け出すみたいなニーズが強いそう。

・年齢層が高いこととリンクしているかもしれませんが、結構お金がかかります。
今回のお店もメイクだけで1時間17,000円でした。

僕たちも服装込みで3人で総額10万円くらい使ってきましたww

たった2時間で10万円なので、結構いい商売だと思います。

・需要と供給が崩れていそうなマーケット
今回、お店を探すときも結構大変だったのですが、需要に対して供給が足りてなさそうです。

予約を取るのも意外と難しくしかもレクリエーションにしては比較的高額なので、参入チャンスはまだまだあると思いました。

結論:

僕は身も心も男でした(笑)

女子になるのは楽しかったですし、経験としてはとても貴重でしたが戸惑うことが多かったです。

特にいつも通りの思考ができないことは僕にとっては大発見でした。

あと、これは男の思考だと思うのですが、変身願望を満たすことが目的だったので、女子になった段階でまずは満足。

アフタヌーンティーの席に着いた時点でもう一段階満足。という心境でした。

あと、女性の見た目になったら周りからどう見られるか?も気になってましたが、堂々としてれば怪しくは見られないし自分自身も堂々と過ごせることがわかりました。

試しに少し恥ずかしがってうつむき気味に歩いたときの方が周りからジロジロ見られて余計に恥ずかしかったです。

みんな知ってることかもしれませんが、堂々としてれば自分らしく生きられるということの1つの証明にもなりました。

今回やってみて、しばらく女装はしなくていいなと思ったのですが、何度もやってるともっと女性の気持ちを理解できたり、世の中に対する視点が増えそうだと思います。

単なる女装レポのような書き方をしましたが、頭で分かることと体感することの違いは圧倒的だと再確認することができました。

やらずに後悔していることややろうかどうか迷っていることがあるのなら、さっさとやってしまって体感覚に落としてしまった方が有意義な時間を過ごせると感じました。

余談:

リッツ・カールトンのスタッフさんたちはピクリとも笑わず僕たちを接客してくださいましたw
(僕たちもキャピキャピしたり騒いだりしなかったのがあるからだと思いますが。)

余談2:

メイク+ウィッグ+服装一式で4万円くらいかかりましたw

大人の遊びって感じですが、この体験は長期的にじわじわ役立ちそうな気がします。

ピックアップ記事

  1. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口
  2. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  3. この世界に正解を求める人々へ
  4. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力

関連記事

  1. ブログ記事

    売上を上げるための前準備

    どうも、山本です。ズバリ、売上を上げるために何をすべきかの話を…

  2. ブログ記事

    宗教乱立時代に飲まれるな!

    どうも、山本です。日本は無宗教の国だなんて言われますが、果たし…

  3. ビジネス分析

    ノドグロに学んだブランドの威力

    どうも、山本です。2019年、年明けに金沢旅行に行ってブランド…

  4. ブログ記事

    自分の市場価値を高めるには?

    どうも、山本です。自分の市場価値とは、自分が社会に対して発揮す…

  5. ブログ記事

    92%もの人が目標を達成できない理由

    どうも、山本です。”92%”これはアメリカのスクラント…

  6. ブログ記事

    マトリョーシカじゃあるまいし

    どうも、山本です。マトリョーシカはご存知ですよね。人形…

  1. ブログ記事

    つまみ食いばかりしてませんか?
  2. ビジネス分析

    なぜ、高単価サービスが流行ったか?
  3. ブログ記事

    強みと弱みとドラえもん
  4. ブログ記事

    15万円×5件の成約で売上が584万円になった秘訣
  5. コピーライティング

    キャッチコピーの考え方
PAGE TOP