ブログ記事

新規集客ができれば売上は安定するのか?

どうも、山本です。

売上を安定させると考えた時の一般解としては

売上の安定 = 新規集客の安定 × 成約率の安定

というのが神話のように語られています。

ですが、これは新規集客について伝える集客塾や集客の仕組み化を販売するためのマーケティングメッセージだと僕は考えています。

何故ならば、新規集客はビジネスの中でも最も難しい仕事だからです。

もちろん新規の安定ができれば、売上は安定しやすくなりますが、新規集客は環境変化、競合状況の変化などの外的影響を受けやすいので安定したと思っても、それが続く保証はどこにもありません。

ですが、新規が集まればビジネスはうまくいくと思う人が大半なので、新規集客の仕組みを作ろう!というセミナーやコンサルが繁盛するのです。

しかし、実態は、、、

根本的な考え方はどのビジネスでも同じですが、業種業態によって具体的なやり方は違いますし、ビジネスのフェーズによっても集客の仕方は変わってきます。

また、競合状況によっても集客の仕方を変えないといけないので、いつまでたっても終わりが来ません。

なので、仕組み化できたとしても次の仕組みを作り続けることになり、仕組み化の目的である「少ない労働で高収益」というのは基本的に達成されないのです。

その中で売上を安定させるにはどうすればいいのか?ということですが、僕の答えはこれです。

売上安定までのステップ

ステップ1:セールス

バックエンドを作り、それを売れる力をつける

集客は最低限でOK(SNS、リアルなど)

ステップ2:アップセル

ステップ1を続けながらバックエンドのサービス提供が終わる人たちに向けて提案できる継続サービスを作り販売する(新規集客は不要)

ここまでをきちんとやれば、月の売上が50万円〜100万円くらいは少なくとも安定するはずです。

ステップ3:新規集客

新規集客に注力する色んな企画を作ってみて、当たりの出る企画がないかをリサーチする。

小さなプロモーションができる力を身に着ける。

ステップ4:仕組み化

集客の仕組み化を図る

安定性の高いメディアや広告を使い毎月一定数以上の集客ができる状態を作る。

ステップ5:新たな仕組み作り

さらなる集客の仕組みを作る

ステップ4で作った仕組みが崩壊する可能性が高いので、仕組みができたら次の仕組みを作り始める。

僕が考える売上が安定化するまでの流れはこんな感じです。

僕自身はまだまだステップ3〜4の段階ですが、ステップ5までやってる人は5年とか10年かけて仕組みをいくつも作られています。

ちなみに僕が小規模事業や個人事業主の方と一緒に仕事をさせてもらう時はだいたいステップ2とステップ3を強化します。

ステップ4以降をやりたい気持ちはあるのですが、どうしても時間も労力もかかりますし、そもそもステップ2と3で売上の底上げができます。

机上の空論で考えると最初に新規集客を安定させるのがベストなのでしょうが、現実的には難しさもあります。

なので、今バックエンドが売れるようになっている人はまず継続サービスを作って販売できる力を身に着けるべきなのです。

集客の仕組み化に夢を見過ぎず足元にあることから順番に固めていった方が盤石なビジネスができるんじゃないでしょうか?

ピックアップ記事

  1. この世界に正解を求める人々へ
  2. 個人事業主のこれからの働き方について考えてみた
  3. 魅力的なストーリー作りに必要な●●力
  4. LTVを伸ばす継続サービスを作る12の切り口

関連記事

  1. ビジネス分析

    豪華客船でのカリブ海クルーズで学んだこと

    どうも、山本です。2019年3月にアメリカに約10日間の旅行&…

  2. ブログ記事

    時間とお金が足りない問題

    どうも、山本です。・時間がない・お金がないこれの両…

  3. ブログ記事

    金で魂売るべからず

    どうも、山本です。なかなか物騒なタイトルになってしまいましたが…

  4. コピーライティング

    キャッチコピーの考え方

    どうも、山本です。キャッチコピーの考え方という話に入っていくの…

  5. ブログ記事

    その前提、疑ってみたら??

    どうも、山本です。最近こんなエピソードを目にしました。…

  6. ブログ記事

    この世界に正解を求める人々へ

    どうも、山本です。僕はプロデュース、コピーライティングという仕…

  1. コンテンツ作り

    お客様に欲しがられるサービスを作る
  2. ブログ記事

    ノウハウを効果的に活用するために
  3. ブログ記事

    提案力を上げるために今すぐできること
  4. ブログ記事

    価値とはそもそも何なのか?
  5. ヒアリング・リサーチ

    見込み客目線最強説
PAGE TOP